なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2016年11月28日の大崎裕史の今日の一杯

東京都杉並区西荻窪

タンメンといえばよく名前が挙がる「はつね」。
1961年創業の老舗で原則取材拒否店である。そのため最近ラーメンが好きになった人はあまり知らないかもしれない。西荻窪駅前にあるが、カウンター6席のみの小さな店である。
メニューにラーメンはあるが、ほとんどの人がタンメンを注文。今回はタンメン750円+チャーシュー350円で1100円。
麺は中華鍋で泳がせて茹でている。もちろん平ざるで湯を切る。チャーシューは注文ごとに切り、さらに食べやすいように包丁を入れる。このもも肉チャーシューがうまい。味が染みていて噛みしめるタイプ。タンメンの優しい味わいにパンチを与えてくれる。
ラーメン用のなるとも注文ごと。私の時にワンタンを頼んだ人が居なかったがワンタンも注文の度に包んでいたはず。
麺は永福大勝軒などの関連である「草村商店」製の細麺。
一ロットごとにスープを小皿に取り、味を確認する店主。目配り気配り心配りができている。
しみじみうまい一杯!
タンメンが関西、いや西日本にあまり無いのが面白い。となると東日本に『元祖』があるはずだがそこまでは調べ切れていない。。。

お店データ

はつね

東京都杉並区西荻南3-11-9(西荻窪)

「ラーメン」は、メンマはなく、焼きちくわがのっている。透き通った清湯系スープに火の通り加減が絶妙なしゃきしゃきの野菜がたっぷりのった「タンメン」が人気。麺は草村商店の中細麺を使用。取材拒否店。

大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2019年4月末現在約12,500軒、約25,500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。