なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
77

12:15到着。店外待ち7名の列に接続し、暫く待ってからの入店、着席となった。なお、自分の到着のタイミングが悪かったようで、後客はちらほら程度だった。店内は細長い間取りで、短いカウンターと、多めの小テーブルが設けられている。程々に清潔にされており、居心地は悪くない。男性3名女性1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。着席後、暫く待ってから配膳された。

麺は、ほぼストレートの平打ち中太麺。
食べてみると、茹で加減はやや固めで、非常にしっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&小麦の密度感を伴う強いシコシコ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。風味旨みもある良質の麺だ。つけ汁の持ち上げはあまり良くないが、まあ、大きな不満は覚えない。
量は200gとの事。自分には、程好い満腹度だった。

つけ汁は、ベースはやや濃いめに茶濁。表層に程々の量の細かい背脂が浮かんでいるが、粘度はあまり感じられない。
飲んでみると、複合的な魚介系の風味旨みがしっかりと主張。動物系のコクも、背脂によるフォローもあり不足の無いレベル。両者共に押し付けがましさは抑えられつつ、バランス良好な味わいが形成されている。
一方、カエシは力強く立っており、強いキレとヒキを生み出している。苦痛を覚える程で無いのが幸いだが、結構なショッパさだ。結果的に、上述の「濃厚さ」よりも「バランス」が重視された出汁感を生かし切っていないという印象も受ける。まあ、これはこれで中毒性の高い味わいとも言えるのかもしれぬが。
なお、終盤、柚子小片が口中に入ってきた際には、爽やかな良いアクセントになってくれた。
最後、卓上ポットの割りスープを投入して飲んだが、ポット中の残りが少なかったのが遺憾。

具として、チャーシューは、適度なサイズ、厚みを有するバラ肉が2片入っている。ホロホロ&トロトロに柔らかい良質のもので、醤油による濃いめの味付けも良く非常に美味。
他に、細かく刻まれた青葱と玉葱。特に、後者の食感と風味は、非常に良いアクセントとなっている。
具は、以上のみとシンプルな構成だが、これはこれで完結されており、特に不満は覚えなかった。

「またおま」系とは一線を画す魚介系つけ麺。派手さは無いがキッチリと丁寧に作られており、十分に楽しむ事が出来た。高頻度で食べるには、このようなタイプが向いていると思われ、オフィス街における人気ぶりにも頷けるというものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。