なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「担々麺」@麺匠 むさし坊 武蔵浦和本店の写真武蔵浦和でお仕事、その前に、2008年以来の訪店、
武蔵浦和マークスの1階に組み込まれ、
オシャレな店構えになっています。

鶏白湯をフィーチャーした、個性的な白い担々麺。

濃厚さを追究するのではなく、
すっきりミルキーに仕上げた鶏白湯スープに、担々肉味噌を浮かべ、
ルッコラ・赤タマネギ・クワイ・ラディッシュなどを具材に配置、
辛味はあくまでアクセントに、
すっきりしているけど、フワッと香りの立つスープの合間から、
洋菜のシャキシャキした食感と風味が顔を出す心地よさ。

担々麺党には物足らないかもしれないけれど、
ひとつのニュージャンルラーメンと考えると悪くない。

併せる麺は硬めに茹でた細麺、
博多ラーチックなものが長さとしなやかさを増したようなもので、
ミルキースープを勢いよく裂くように啜り上げます。

惜しむらくは、洋菜類の温度で、
「冷め」が若干速く感じられることでしょうか。

しかし、提供前に炒り胡麻とすり鉢が提供され、
食べる前に擦って香り立たせたものをスープにぶち込んでいただくシステムが、
香ばしさでそれを補う役目を果たしてくれるようにも思えます。

この季節よりも、冷製で、夏場に楽しむとよさそうではあります
(実際、そういうメニューを出しているようではありますが)。

8年前はあまりよい評価をしなかったのですが、かなり見直した次第。
同じ系列から、名店・七彩なんかも輩出されているわけで、
やはりポテンシャルは秘めていそう。
他のメニューなども改めて試してみようかな、と思いました。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

こんばんは。
先月、いつもの場所かと思い、行ってみたらありませんでした。
移転していたんですか。
この冷製はずいぶんと前にいただきました。娘と食べ始めのころはずいぶん美味しく感じたものですが今食べたらどうなんだろう。
クワイやラディッシュなどはあとから加えられたものだろうし、進化をしているようなのでいつでも美味いと思われる味を作り続けているのは間違いないと思います。

mona2(多忙さぼり短レビュ) | 2016年12月7日 00:43

こんばんは。
七彩のお二人の出身先と聞きながら未だに未訪です(^^;)
七彩の元本店の都立家政店にある担々麺系のメニュー構成はこちらの影響があるのでしょうか。
この辺りは少し探ってみたいです♪

銀あんどプー | 2016年12月7日 03:47

こんにちは。
此方、七彩の出身元の件を含めて、
知りませんでした。
このユニークな担々、
冷製仕様がより映えそうですね。

おゆ・Sometimes | 2016年12月7日 08:57

一見、冷やし?っと思っちゃいましたww
しかも、パクチー?ともww
洋野菜の鮮度を生かした仕様みたいですね。
見直す価値あり!(笑)

まるまる(°…°) | 2016年12月7日 09:56

ひとつのニュージャンルとしての担担麺という感じは納得です。
オシャレ系の中でも、センスとか作りこみを感じますしー。
トッピングで温度に影響あたえるところは、冷製なら問題なしなので、より美味いかも。
日頃、縁のないエリアですが、昔より進化しているところがさすがです。