なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「長崎ちゃんぽん+半チャーハン(1150円)」@西海の写真【2017.03.19初訪】
この日は実に中途半端な時間に打ち合わせが入ってしまいました。打ち合わせが長引けば腹が減ってしまうし、かと言って昼飯を食うには店が開いていないし、まともな時間に食べていては間に合わなくなる…早めの時間からやっている店はないかと検索してみると…ありますね!長崎ちゃんぽんの店が!なになに、24時間営業!?ファミレスでもないのにこれは何かの間違いではないのか?と思ったら本当に24時間営業なんですね、この店!

と言うことで10:30過ぎくらいに店到着。第二京浜沿いなんですね。パッと見はなんてことない個人のラーメン店みたい。かなり年季の入った店構えです。店内も同様。
こんな中途半端な時間でしたが、すでにお客さんが二人いました。後からも3組5名。この界隈は早い時間からの需要が多いのでしょうか。

何はともあれ、初めての店なのでこの店の基本である長崎ちゃんぽんを食べるつもりでした。一応メニューに目を通すと、セットメニューがありました。腹が減るといけないので「長崎ちゃんぽん+半チャーハン(1150円)」というセットを注文。待つことしばし。

カウンター越しには調理の様子が見えます。中華鍋でちゃんぽんの定番となっている様々な野菜を炒めていますね。そして最後に中華鍋に直接出汁を注いで仕上げています。このプロセスは札幌ラーメンの作り方に良く似ています。出来上がると、まずスープを丼に注いで釜で茹でた麺を入れ、最後に中華鍋に残った野菜類を麺の上に乗せて完成です。
っで、ちゃんぽんが提供されると同時にチャーハンが出てきたのには驚きました。ひっくり返した茶碗が乗った皿がいつの間にか準備され、その茶碗をカポッと開けるとチャーハンが出てきます。

それでは早速スープからいただいてみます。想像した通り、炒め野菜の旨み成分がしっかり取り込まれていて美味しい。スープのベースは豚骨だと思います。その出汁がやや薄めなのでかなりあっさりした味わいになっていますが、炒め野菜の旨みがそれをカバーしています。味付けは適度。野菜の種類はモヤシ、キャベツ、玉葱、人参、筍、そして豚コマ肉、かまぼこ、さつま揚げ、ナルト。本当に豊富な野菜類です。

麺は太目のストレート麺。加水率は低めでやや柔らかめの茹で上り。好みにもよると思いますが、私はこれくらいの茹で加減で美味しく感じます。ただ、ちょっとダレやすい麺なので後半は凄く柔らかくなります。麺量は恐らく茹で前150gくらいだと思います。消して多い麺量ではありませんが、炒め野菜がたっぷりなので、かなりの食べ応えに感じます。

ちなみにチャーハンは、メラミンの茶碗によそられたものが大量に冷蔵庫にストックされていて、注文が入るとレンジで温めているようでした。したがって出来栄えの方もそれ相応の物です。量的には、半と言うには多めで良心的ではあります。

スープの出汁がもう少ししっかり摂られたものなら、もっと美味しいちゃんぽんになると思います。その点はちょっと惜しいです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

TJさん こんにちは!
ずいぶんと珍しいお店に行ってきましたね〜!
それもこんなにガッツリ食べて(^_^)v
この頃、行ってないんですよね〜。・°°・(>_<)・°°・。

ヨコべー | 2017年3月24日 18:10

ヨコベーさん こんばんはw

コメ返遅くてすみません^^;
早い時間からやっている店はありがたいですね^^
もう少しスープの出汁濃度が上がったら、凄く美味しくなりそうな予感がする店ですねw

TJ | 2017年4月4日 18:19