なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:50頃訪問。先客後客共に4名。店内は狭く、4つのテーブル席が設けられている。店は相当に年季が入っており、清潔感等を求めてはいけないが、その雰囲気も味になっている印象。高齢の男女各1名による切り盛りで、接客は良好。
 
本メニューを選択。暫く待って配膳された。
 
スープは、色目が薄く透き通った醤油清湯。液体油は極少量。
飲んでみると、そのルックスに反して、アッサリながらも中々力強い味わいに仕上げられている。ベースとなる動物系出汁感に強い押し出しは無いが、化調が実に有効に使われており、コク、味の厚みに何ら不足無し。
一方、カエシはしっかりと立っており、塩分濃度も適度に高め。最後まで飽きの来ないキレを生み出しており絶妙だ。
 
麺は、強めのうねり、縮れを有する真っ白い平打ち中太麺。
食べてみると、割としっかりと茹で上げられているが、適度なコシと歯応えが残されており文句無し。フルフルという口当たりとツルツル&モッチリ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。佐野ラーメンに相応しい良質の麺だと思う。勿論、スープとの相性も申し分無し。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹度だった。
 
具として、叉焼は、小さく薄めのロース肉が2枚乗っている。ミッシリとした質感で、噛み締めると旨みが滲み出て来る良質の肉。嫌み皆無の控えめな味付けも良く美味。
メンマは適度なサクサク食感で良い箸休め。
他に、小さな海苔1枚、適量の刻み葱、ナルト。
 
現代的な凝ったラーメンとは対極に位置するような一杯だが、しっかりと旨い。矢張り、佐野ラーメンらしく、麺が良い事が満足度の高さにつながっているのだろう。期待以上に楽しむ事が出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。