なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「メンマざる(950円)」@らあめん大安の写真所用で休暇をとった平日。午前中に八王子で用事をチャッチャと片付けて、昼はどこでラーメンを食べようかw 南口の名店2つが頭に浮かび、この日はコチラをチョイス。気温も上昇傾向にあるこの頃。今シーズン初のつけ麺を行ってみようかな。

開店時刻を少し回って店頭に到着すると入店待ち数名。するとファーストロットの方々がぼちぼち退店し始め、ほどなく入店することができました。入口脇の券売機でメンマざる(950円)をポチって着席。どことなくHOUND DOGのボーカルの人に似た新宿満来出身のご主人と、メガネの似合う素敵な奥様ともどもお元気そうです。ややあってつけダレ、麺の順に配膳。

つけダレ丼の水面上に盛り上がるメンマ。うわぁ! メンマと名がつくメニューですが、こんなに入っているのか。メンマ好きの自分としてはうれしい限りですが、多すぎやしないかという心の声もw 平皿に盛られた麺の方も、言わずと知れた満来系らしいデフォ2玉。ではいただきます。

うず高く盛られたメンマの山裾を箸で避けると、薬味とともに唐辛子も加えて調製された清湯醤油のつけダレが顔を出します。口をつけてみると、低温で炊き出した鶏豚骨と野菜、乾物の丸く繊細なベースに、程よく酸味を利かせたさっぱりとした清湯醤油。出身店の満来や、ほりうちの「ざる」と同じベクトルのつけダレ。美味しい。

それにしても、最初にある程度メンマを片付けないと、麺を潜らせるスペースが確保できないw これだけ量があるとビールを行きたくなってしまいますが、アルコールを置いていない同店なので仕方ありません。黙々とメンマを口に運びます。サクッと軽い口当たりで程よい味付け。美味しい。ますますビールを飲みたくなってきたw

ダイブさせるスペースが確保できたので麺に行ってみます。程よくムチッとして、ツルツルとした喉越しの不揃いなウェービー中太麺。つけダレに潜らせては一気にズーッと(ズルズルではなく)啜り上げると至福のひととき。そのひと啜りが呼び水になって次、そしてまた次と、箸に止まる隙を与えない。美味しい。

たまに気分を変えて、メンマやチャーシューに行ってみます。この手のつけダレであれば、チャーシュー、なるとを短冊切りにしてつけダレに合わせるのが一般的ですが、この満来系のチャーシューは元々が二郎系顔負けなくらいの分厚いもの。しかも歯応えのしっかりとしたロース肉。短冊チャーシューなんてものではなく、もはやブロックチャーシューですわ。美味しい。

一気呵成に麺を片付け、残ったメンマやチャーシューをサルベージしながらつけダレを啜っていると、奥様からスープ割のご案内がありました。でも勢い余ってぐびぐび飲んじゃったせいで、つけダレの残量が半分以下になっていたので遠慮しましたが、こうした真摯な接客作法もとても共感できる部分。今年でオープンから丸7年になる同店。八王子有数の行列のできるお店に発展されたことが、実に嬉しく思えた一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。