なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「蟹塩そば+特製裕盛り」@麺屋 裕の写真[訪問時期] 2017年5月下旬(休日) 昼
[注文方法] 口頭注文、後会計
[メニュー] 蟹塩そば+特製裕盛り
[価格] 750円+350円
[出汁] 鶏+蟹/清湯
[味] 塩
[麺] 平打ち中細麺(150g位)
[具] チャーシュー、鶏チャーシュー、鴨ロース、姫竹、味玉、刻み玉ねぎ、刻み葱、柚子、糸唐辛子



★写真中心にサクッと読みたい方はこちらへどうぞ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/toshikun0316/entry-12280106885.html

-------------------------------------------------------------------

京都・山科にワープし、4月末に当地に移転したばかりの裕さんに念願の初訪問。
10時頃に着くと店前は無人だったが、すぐに後続客が集まり出し、定刻開店時には約40名のシャッターズが長蛇の列。
客層もファミリーから学生、ラオタぽい方まで幅広い。
開店20分前には奥様が事前注文を取りに出て来られ、メニューに「名物」と書かれた蟹塩そばと、先日訪問された麺友さんお薦めの「特製裕盛り」をお願い。
事前注文のお陰で、開店着席後は僅か2分でご対麺となるのだが、そのワイルドな麺顔にはいきなり度肝を抜かれた。

[メニュー]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12280106885-13951390161.html
[ご対麺]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12280106885-13951390377.html

■ スープ
何層にも折り重なる肉の上からスープをチェックし、ひと口でもう虜になる。
京都産の赤地鶏をベースに、渡り蟹を出汁のみならずタレや油にも使用しているようで、ややオイリーなスープに溢れる蟹感は、力強く濃密ながら極めて上品。
有りがちな淡白感・単調感皆無の奥深さで、甘味も抑えてあるので妙なチープ感もない。
溜め息連発の絶品スープ。

後半、大量に載った肉の旨味が溶け出し、柚子風味も混ざり始めてスープはかなり混沌模様に転じる。
ところが、そこから蟹感が一段とブーストアップ。
見れば丼底には蟹の身や甲羅パウダーが沈んでおり、下層のスープに旨味とコクを充満させ続けているのである。
この転結には完全に止めを刺される。
誰に止められても、完飲を抑えることは出来ないだろう。

[スープ]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12280106885-13951390463.html

■ 麺
自家製の平打ち中細ストレート。
屋号につく「粉場打ち無手先謹製」の意味は良く分からないのだが、目の前で店主さんが厨房内のパスタマシン?に生地を差し込み、直前に切り出して茹でている。
エッジが効いて硬そうなイメージと裏腹に、しなやかな啜り心地で歯にモッチリ絡む。
麺量は普通程度だと思うが、全体量が多く良く分からなかった。

[麺をリフト]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12280106885-13951390716.html

■ 具
チャーシュー、鶏チャーシュー、鴨ロース、姫竹、味玉、刻み玉ねぎ、刻み葱、柚子、糸唐辛子。

とにかく肉と姫竹のボリューム感には圧倒される。
いちいち数えていられないほどだが、豚と鶏チャーシューが6枚ほど、鴨ロースが2枚、姫竹も6本は有ったように思う。
因みにデフォルトでも豚2枚、鶏1枚、姫竹3本とゴージャスなのだが、「特製裕盛り」は味玉まで付いて350円と驚異的なコスパだ。

豚は肩ロースの低温調理をオーブンで焼いて仕上げたものか。
レア感満載の鶏ムネ肉、確り野趣の味わいが伝わる鴨ロース、肉はいずれもかなり美味しい。
香ばしく焼かれた姫竹、黄身の味が濃い味玉、風味豊かな九条ネギ。。。と、全ての具材が生き生き存在感に満ちている。

[全景]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12280106885-13951390831.html
[豚肩ロース]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12280106885-13951391103.html
[鶏ムネ肉]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12280106885-13951391221.html
[鴨ロース]
http://ameblo.jp/toshikun0316/image-12280106885-13951391352.html

■ 感想など
和洋中合わせても、これほど美味しい蟹スープは今まで出会ったことがない。
直前に切り出す麺、特製裕盛りのビジュアル、具材のレベル何れも、大きなインパクトを与えるものだった。
この一杯がデフォメニューなのだから恐れ入る。

惜しむらくは、裕盛りの肉が折り重なって全貌が見えず、肉質も変化が早いこと。
この時のように暑い日は良いが、これだけ具材を沈めるので、どうしてもスープが温めになること。
ぐらいだろうか。
レビューを書きながら、今すぐにでも再食しに行きたくなっている。


【採点での、味以外のポイント】
・加点ポイント:具の質量とコスパ
・減点ポイント:


ご馳走様でした。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。

やはりmocoさんのみならず貴殿も突き抜けましたね。
終始蟹感が深いのですが、食べ始め、途中、終わりで感じさせ方が変わるのがまた凄いです。
移転前は少しアクセスが悪かったのですが山科に移転してアクセスよくなったようですね。
また行かなければ。

glucose(また一時休止) | 2017年6月2日 16:58

こんにちは。
貴殿も京都行かれてたんですね!こちら皆さん高得点なので、直系制覇のための京都遠征のときの連食候補に考えておきます♪

poti | 2017年6月2日 17:35

どもです。
としくんさんまで京都ですか!
それにしても、何と豪華なラーメン。
姫竹がまた堪らん、しかも6本\(^o^)/
蟹だもんな、旨いだろうな...

ラーするガッチャマン | 2017年6月2日 17:54

こんにちは
週末ですとシャッター40人ですか。流石、人気ですね。
このお店が東京にあったら、もっと凄いでしょうね。
蟹の旨味凄かったですね。また行きたいですね。

mocopapa(お疲れ気味) | 2017年6月2日 18:02

再び先ほどもw、お疲れ様でした。
やはり、大変好評ですね。
丼底に潜む蟹パウダーにも驚きます。
この特製仕様が350円は大変お得ですが、
ビジーなビジュアルになるのは、
痛し痒しでしょうか。

おゆ・Sometimes | 2017年6月2日 18:45

こんばんは~
特製は凄い盛りですね~!
別皿でもらってビールのアテにしたいです✨
絶品の蟹スープはさぞかし美味しいのでしょうね、裏山です(^o^)

銀あんどプー | 2017年6月2日 19:51

こんばんわ~

凄い盛りの一杯を見て皆さんが良く行くアチラが頭に浮かびましたw(笑)
でもコレで1000円ちょっとなら満足度も高いでしょうね♪
次回の出張の楽しみも出来ましたねヽ(^。^)ノ

バスの運転手 | 2017年6月2日 20:19

こんばんわ~

突き抜けましたね~。

京都かぁ…。
ワタクシはいつ行けるのかなぁ。。

たく☆(摂生中) | 2017年6月2日 21:07

こんばんは。
これは見るからに凄いですね~
京都にワープしたいです。

kamepi- | 2017年6月2日 23:49

としさん,どうもです。
大絶賛ですね。
興奮が伝わります。
う~~~ん,行きたい食べたい(涙)

RAMENOID(時々) | 2017年6月3日 03:15

こんばんはー
何ですか?このけしからんビジュアルは^^
超具沢山で何から食べようか迷うやつじゃないですか!
しかもこれが絶品だなんて。。。
京都良いな~

キング | 2017年6月3日 11:16

行かれたのですねー。
私は、帰省のタイミングがあるので、再訪機会を検討したいです。
次回は特製かなー。
いつまでたっても、塩と醤油が食えそうにないですー。

京都にこんなお店があったとは。。。
悩ましいビジュアルですね〜〜♪
最近はラーメンよりも居酒屋回数が増えてるだけに
余計ラーメンが食べたくなってきました。

NORTH | 2017年6月3日 12:14

どもです。
こちらは知りませんでした。
驚愕のコスパですね。
ピップリングして京都!
行けないなぁ…

ピップ | 2017年6月3日 15:03

こんにちは! 御無沙汰してます。

おっと、京都だ!来週京都行くんですよ~、と思ってよくよく見たら
山科じゃないですか……残念!山科まで足を伸ばす余裕はないと思われます。
でも行ってみたいですね~!

尼茶(禁煙成功!) | 2017年6月3日 16:42

そうかあ。としくんさんも行かれたのですね。
>定刻開店時には約40名
凄まじいですね。
並びゼロで食べたボクはラッキーでした。
また食べたい店ナンバーワンです。