なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン」@ラーメン二郎 京都店の写真2017/06/24

二郎がついに関西に上陸したみたいで、下調べしていると、整理券を配るシステムがあるみたいなので、開店前に行ってみる事に。
11:30頃到着。
先客複数名、後客複数名。

店に到着すると、前で整理券を配っているお兄さんがいるので、整理券貰う。
整理券に記載されていた時間は、13:20集合でした。
時間まで、お茶をし、お腹をスカスカにし、指定された時間に店に向かいました。
集合すると、店の横の通路で席が空くまで待つシステム。
店内に入り、【ラーメン 730円】と【肉増し 150円】の食券を購入。

水とレンゲは、券売機前にセルフ。
着席して待ってる間に隣の人の丼を見て、焦りました。
今までインスパしか知らない私、目の前のその重厚感に圧倒されました。
「ニンニク入れますか?」には、「ニンニク、アブラ」でコールし、しばらくすると、ラーメン到着!

めちゃめちゃ美味そうで、めちゃめちゃ身体に悪そうな見た目!!
一乗寺到着からラーメン到着まで、約2時間半。
いただきます!!

ええ感じにニンニクとかを混ぜながら、スープを一口。
乳化は完全ではなく、厚めの油の層もありますが、カラメずとも味は少し濃いめ。
豚骨の臭さ、醤油のクドさ、舌のピリピリ具合が中毒性の高さを物語っていました。
今まで食べてきたインスパも美味しかったけど、やはり一線を画していました。

麺は、この味わいにはやっぱりこのワシワシ感。
でも食べてて若干細め?そしてややモッソリ感も。
麺だけで言えば、インスパ店も負けていない、むしろ勝っている店があると思いました。

豚増しにしましたが、これが正解というか、美味しい。
全体的に赤身の部分も柔らかく、しっかりと味は付いていました。
一番衝撃だったのが、身体への罪悪感の塊であろう、ほぼ脂身な部分がゴロッとあって、かなりテンションがあがりました。

今回、直系店初でしたが、色々と刺激的でした。
量も大を選ばなければ余裕と思ってましたが、ギリギリでした。
中毒性もかなり高めで、これを投稿している今、若干欲しています。

ごちそうさまでした!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。