なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「江戸つけめん 650円」@柳麺 ととやの写真みなさんこんにちは 小生 原○ャリと申す新参者だ。

【念願かなう】

*店
出かけの帰路、久しぶりにコチラ『柳麺 ととや』さんへお邪魔してみた。
蕎麦が食べたいがラーメンは食べたくない愚息、蕎麦もラーメンもちょっとだけご飯も食べたいアタシ、双方の願いが叶うお店はなかなかないのである。
アタシは迷いなく表記とランチサービスのライスを、愚息は「ざるそば」をオーダーだ。
因みに「ざるそば」の麺量だが、以前は350gとかなりのボリュームだったが、現在は200gに変更されていた。これも完食するには好都合なのだ。

*丼
タップリの麺に海苔がトッピングされ、大根おろしと糸唐辛子が添付された麺皿と、白髪ネギ、チャーシューが含まれるつけダレが到着だ。

*麺
「柳麺」と言う店名らしい細ストレート麺はデュラムセモリナが配合されているらしいが、駄舌のアタシにはわからないのだ。プッチンとした噛み応えで喉越しの良い麺である。粉っぽさとかんすい共に主張は控えめだ。この季節だからとは思うが、〆方が甘く人肌程度の温度だったのが唯一残念である。

*つけダレ
節系が主張するつけダレは完全に「和」の印象だ、ここまで振り切れたつけダレはなかなかないだろう。
別添のライスとの相性も素晴らしく、レンゲがないので急いで口で吸うほどなのだ。
後半には麺皿に添付された卸だいこんを加えると、さらに「和」が加速。これはもうラーメンの類ではないだろうとカンジタ。

*具材
白髪ネギの食感はアクセントとしては有効、トロホロのチャーシューも肉質良好でまかないチャーシュー丼の美味さは格別だ。

*スープ割り
麺を若干残してスープ割りをいただくとレンゲとともに提供される。
動物系スープが加わり温度が復活、麺を投入すると和風ミニラーメンの完成だ。

*総評
完全に個人的な趣味だが、かなりお気に入りの一杯である。
愚息の「ざるそば」も蕎麦の風味がきちんとしており、鯖の効いたカエシも本格的だった。
近所だったら間違いなく通ってしまう店でR。

ごちそうさまなわけだが

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。