なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:30頃訪問。先客無し後客1名。店内はやや小ぢんまりとした空間にコの字型カウンターが設けられている。年季が入っており、やや雑然とした雰囲気だが、居心地は悪くない。店主さんと女性2名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、真っ白いストレート細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。表面の平滑性と小麦の密度感、噛み切る際の程好い粘り感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。上質の麺だと思う。つけ汁との相性も申し分無し。ただ、麺が長過ぎる為、箸で持ち上げてつけ汁につけ難いのがちょっとした難点。
量はつけ麺として適度に多め。自分には十分な満腹度。

つけ汁は、穏やかな醤油の色目を呈しており濁りを帯びている。粘度は感じられない。
醤油清湯ベースなのだが、調味料等の主張が強いのが特徴的。すなわち、酸味が強めに付与されている他、つけ汁中に浮遊する唐辛子小片のピリ辛感、白胡麻の味、さらに胡椒感等が前面に出て来るのだ。結果的に、上質感は今一つだが中々力強い味わいに仕上がっており、これはこれでアリの方向性か。
必然的に、動物系、魚介系の出汁感が前面に出て来る事は無いのだが、十分なコクと旨みが確保されており薄っぺらさを感じさせないのは、手抜き無しにキッチリと作り込まれているという事だろう。
醤油ダレの立ち方は適度。過度のトガりは抑えられながらも、何ら不足の無いキレとヒキを生み出しており文句無し。
最後、スープ割りして貰ったが、上述の酸味や辛味等が後退すると共に昆布等の出汁感が強まり、かなり旨かった。

具として、つけ汁に入るチャーシューは巻き豚バラ肉が1枚。良質の素材が使用されているようで、適度な食感と肉の旨みが素晴らしい。嫌味皆無の味付けも良く非常に美味。
メンマは強めのサクサク食感が心地良い。控えめな味付けで非常に良い箸休め。
上述の唐辛子小片と白胡麻の他、九条葱と長葱も浮遊しており、薬味としてキッチリと機能。
麺側に盛られる味玉は、2つ割りで供される。ネットリとした茹で加減で濃厚な味付け。非常に美味。
海苔1枚は質感のしっかりとしたもの。中央に乗せられる九条葱と糸唐辛子は、味は勿論の事、見た目の彩りという面でも非常に良い役割を果たしている。

つけ汁がやや独特な組み立てとなっている為、折角の出汁感が必要以上に後退してしまっている印象を受けるが、最後、割りスープをじっくりと味わう事により、その点の不満は大分解消された。ただ、いずれにせよ、初訪時にはラーメンを食べるべき一店なのかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。