なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺、特盛」@ラーメン 唐そば 渋谷2丁目店の写真11月1日水曜日、午後5時半過ぎに訪問。
駅の近くの店ということで、この店を思い出した。
大勝軒まるいちほどでないが、ほぼヒカリエの隣。
だいぶ前に来たことがある、細麺のつけ麺かと覚えている。
そのときとほぼ同じ状態でやっているようなので、強しといったところか。
ここの売り?麺増しで追加料金とらない。
つけ麺は特盛り4玉まで、ラーメンは大盛りまで同じ値段。
期間限定でカレーつけ麺というのがあった、こちらは麺2玉半までと。

入るとお客は居なかった、あとから3人ほど。
で、テレビカメラ、スタッフ4,5人ほどいた。
なんだろう撮影?ただ、他のお客に出て行けなどというのは無く。
お店のスタッフは2名。
若いお兄ちゃんが調理をしている、
来たお客はそのお兄ちゃんがさばいていた。
テレビの撮影と言っても、グルメレポーターが居るわけでない。
もしかしたら、雑誌の撮影程度かもしれない。

で、この一品は5分くらいでやってきた。
卓上に、茹で卵があるが、これは有料、1個50円。
知らずに食べて、お金取られたかなというのを思い出した。
卓上には、胡椒くらい。
ただ、絵のように、ゆず胡椒がついてくる、そこそこの量。
で、汁もそこそこの量。
この汁、割と濃い味。
とんこつベースだが、やや甘め。
ゆず胡椒で辛くせよという事のようだ。

具としては、刻んだネギ。
それと、ちっとのメンマ、刻んだお肉。
このお肉が中々美味しかった。
味が詰まっている感じ、やや甘め、いい感じで寝かしたなと。
汁の中で、さらに生きている感じもした。

麺は、細い、微妙にくっついているが、そんなに気にならない。
麺をすするというより、くっついているので、喰らうという感じも。
細麺だと、味が絡んでこないのだが、絡んできていると錯覚するくらい味が濃い。
つけ麺だからね、これくらいでちょうどよいかも。
量は、ずいぶんとあるかなと思っていたが、いつのまにか無くなっていた。
これだけ喰らって、汁が余っているというのは悪い店ではない。
ゆず胡椒、全部入れたが、そのために極端に辛くなることはなかった。

細麺のつけ麺はどうしてもハンデだろうな。
麺量以外で、温麺に勝てる要素が見当たらない。
量狙いでこれを戴いた。
割をもらった、普通は薄まるのだが、それほどの差を感じなかった。
でも、しょっぱくて、ということもなかった。

目に来たときよりは、いい印象。
勝手ですね、スイマセン。
20世紀からやってるらしい、長年続くお店、ラーメン屋。
それなりの理由が、当たり前のようにあるようだ。

備忘。
今朝、目が覚めたら、5時半と。
これは走れないどころか、なんとかいつもの6時前の電車には乗った。
この寒くなりかけの時期、布団から出られないどころではない。
寒くなりかけると目が覚めてこないのか、ちょっと油断するとこんな感じ。
ただ、月火としっかりと走れたが。
毎日、即脱出を試みる、でなんとか。

帰ってきて、下の飯と明日の弁当やきそばなどで、
近所のスーパーに買い物。
この麺で十分な気がする。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。