会員情報流出によりご迷惑をおかけしております。 パスワードのリセットをお願いいたします。
なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鶏白湯らーめん 637円」@幸楽苑 太田飯田町店の写真みなさんこんにちは 小生 ○チャリと申す新参者だ。

【マスプロCK鶏白湯】

*店
52店舗にのぼる大規模な閉店報道があったがコチラは絶好調営業中の『幸楽苑 太田店』さんへお邪魔してみた。訪問理由は表記メニューを発見したからに他ならない、最大公約数の為の鶏白湯とは一体どんなスープなんだろうか。

*丼
チキンソテー、青さのり、小松菜、味玉2/2、薬味ネギ、柚子皮がトッピングされて到着だ。

*スープ
サラリとした口当たりのスープは塩以上醤油未満の調味ダレが加わり、油っこさは皆無だがそれなりのコクを完備している。素材感はさすがに希薄だが、クリーミーに仕上がっており、初めて「鶏白湯」をいただく方にとっては寧ろ食べやすいのかもしれない。スーパーで販売されている「鶏白湯鍋スープ」はこんな感じなのだろうか、未食だが。

*麺
レギュラーメニュー同様の中太熟成縮れ麺は、持ち上げこそ良好だがスープとの相性は及第点以下だろうか、粉っぽい麺の方がこのスープには合うとカンジタ。

*具材
チキンソテーはおそらくはボイリングパックで非常に柔らかく調味も良好、近所の「唐揚げラーメン」のお店には見習ってもらいたいほどだ。青さのり、味玉、小松菜と箸休めには事欠かないが、スープと麺の相性の残念さを最後まで引きずってしまった。

*総評
客単価上昇を目論む資本の論理を批判も否定もできないが、これが鶏白湯のベンチマークなって欲しくない事だけは間違いないのだ。 とアッサリ釣られた地元民が呟いてみるのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

まだコメントがありません。