なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(並) ¥680」@横浜家系ラーメン 太田商店の写真2017.05.02

ふりむけばヨコハマ♪
震え立つほど大鶴義丹です。

太田市にオープンされた家系のコチラへ。事前情報ですと、壱六家系店舗の独立店町田商店の経営とのこと。

16:12到着、当然と言えば当然なのですが、店前に豚骨臭は無し。入店しますと「いらっしゃいませ~~!」元気な店員さんが2名でお出迎え。入口わきには券売機。初訪でしたのでデフォの“醤油”をチョイス。既にお冷の置かれた、カウンター席に案内されます。すぐさま食券回収。好みを聞かれたので「全て普通」でオーダー。
時間が時間なので先客は1組2名。

待つこと4分で、やや小ぶりな丼でラーメン配膳。
ちょこんと顔出すウズラの卵に、壱六屋の遺伝子を感じます。

早速、トロリとした粘度のあるスープから。
ジュルルルルルルルル~~。ウン、マッタリ濃厚。
豚骨はトロトロの濃度で、旨味・コクの深い物ですが、豚臭さは皆無。その代り鶏油の香ばしさが風味のメイン。マイルドな食べ易さでいながら、カエシもしっかり効いていて、ハッキリとした美味しさ。
味の尖りや、豚骨とカエシの衝突もなく、今流行りの『濃厚マイルド豚骨醤油』m(_ _"m)ペコリ

お次はやや平打ちの、断面が楕円の太麺を。保存状態の関係か、所々うねりの様なカ―ブ。
ゾゾゾゾゾゾ~~。ん? 短い。
ツルツルの口当たりに、ややホギっとした歯触り。程良い硬さを感じさせながらも、モチモチ感も兼ね備えたもの。食感もスープの絡みも良いのですが、何故か長さがない…? 啜り心地をイマイチ楽しめない仕上がり。

具には、チャーシュー、茹で絞りホウレン草、ウズラの卵、海苔。薬味のネギ。
バラ肉をロールさせたチャーシュー。何故かハムの臭いが…? キシキシした歯触りに、モチモチの歯応えの、やや硬め食感。意外に上品な味付け。
かなり柔らかめの茹で絞りホウレン草。風味や味わいは至って控え目なもの。
ウズラの卵は、しっかりとした味付け。
家系らしい硬さのある海苔。風味が豊かなもの。
麺を巻くと、やはり至極。海苔を頂くことで、増す鶏油のオイリーさも、家系ならでは。


クリーミーでコク深く、万人に美味しいと思わせる仕上がり。
若干、クドさとしょっぱさに飽きを感じますが、そこは家系たるアイデンテティ。

しかし、マイルド系豚骨醤油が席巻する昨今、昔ながらのワイルドな(?)家系を懐古することも。
『昔ながらの家系』探しでもしてみようかしら♪

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。