なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシューメン(醤油)880円」@らーめん榎穏の写真みなさんこんにちは 小生 原○ャリと申す新参者だ。

【豚力】

*店
田園風景の中に存在するオサレなカフェ風店舗のコチラ『らーめん榎穏』さんへお邪魔してみた。
系譜を辿るとワイルドな人気店に行き着くが、店舗内外からは全く想像ができない程にオリジナル化されており、麺が「手打ち」と「細麺」の選択制になっているなど、寧ろ出身店に近いとも言えよう。
メニューで1番人気とされる表記を「醤油」「手打ち麺」でお願いしてみた。

*丼
盛り付け方が系譜を想起させるチャーシューが丼一面に花開き、その他は薬味ネギが載るだけのシンプルな出で立ちで到着だ。

*スープ
僅かに甘みを覚えるカエシダレが、動物系が香り香味野菜などの旨味が底上げする穏やかなスープに合わせられ、非常に間口の広い印象だ。しかし、ご覧の通り脂身の目立つチャーシューをスープに沈めるとその印象は変わっていくのである。徐々に豚の脂身がスープに影響を及ぼし始め、後半は豚清湯と言いたくなる程に変貌を遂げるのだ。

*麺
弱縮れを伴う不揃い手打ち麺は熟成加減によりしっかりとした食感で、咀嚼すれば小麦の風味が感じ取れる。地域ど真ん中な手打ち麺であり、周りのお客様もほとんどが「手打ち麺」を選択している事に全く違和を覚えないのだ。

*具材
チャーシューが6枚の他は薬味ネギだけなので、単調といえばその通りだが、スープに沈め脂身に熱の入ったそれは、肉質、調味ともに非の打ち所がなく、肉好きの貴兄には是非ともオヌヌメしたいところだ。しっとりとした舌触りと僅かに肉巻を残す煮加減が素材の良さをストレートに訴求するのだ。
個人的には遠慮したい「水菜」が省かれているのも嬉しかったのである。

*総評
スープ自体は非常に穏やかだが、チャーシュー効果により豚感が増す面白い一杯だった。
具材をシンプルにしてデフォとの価格差を小さくしている点をどう捉えるかによって評価は分かれるだろうが、アタシは好意的に捉えてみたのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。