なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「太麺中華そば(大盛りのみ) 800円」@みやご食堂の写真こなさんみんばんは 小生 ふんたまがきくれたジャンキー○山と申す天狗だ。

【超太麺】

*店
二郎@壬生で遭難してから完全にラーメン嫌いになった愚息と出かけると店のチョイスが非常に難しいのだ、この日も伊勢崎や高崎の大衆食堂に狙いを定めたが臨時休業の憂き目に遭い、あれよあれよと車を走らせると藤岡まで来てしまった。であれば、狙いを変更しラーメン以外のメニューも存在するコチラ『みやご食堂』さんへお邪魔してみた。
アタシは単独ではオーダーしないだろう表記を、家族はチャーシューメン、愚息は迷うことなくカツ丼をオーダーしたのだ。

*丼
標準よりも一回り大きい丼にチャーシュー、メンマ、海苔、青菜、ナルト2枚が褐色強めのスープに載って到着、大量にメンマが浮いているのかと思ったら極太麺だった。

*スープ
カエシダレがビシっと利き、じんわりと煮干しが追随する藤岡伝統のスープは、記憶よりも塩気を強く感じたが多分気のせいだろう。動物系の主張は屋台骨に徹しており、香味野菜や調味料とともに全体を整える。

*麺
この一杯の主役は何と言ってもこの極太麺だろう。大盛り専用の理由はわからないが、いたずらにこの麺をオーダーされたくないのかもしれない。
両毛地域の手打ち麺とは異なり加水はやや低く、粉をギュギュッと詰め込んだような極太平打ち麺は顎が疲れるほどの噛み応えだ。
二郎を固茹でにして太くしたようなソレはしなやかさ、たおやかさは感じず、ひたすら力強い麺なのだ。

*具材
脂身のないモモ肉煮豚は調味やや薄めにより、肉のネガな匂いを僅かに感じたが肉質自体は良好だ。
メンマは固め食感、海苔、青菜は箸休め、顎が疲れるので本当に箸休めになったのだ。

*総評
初オーダーとなる太麺は本当にこの麺が好きな方のためのメニューだろう。
興味本位で頼んで酷評されたらたまったものではないからな。
低加水の固茹で麺がお好きな方にはオヌヌメする事とするが、アタシはノーマルで十分なのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。