なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば(730円)」@中華そば 青葉 八王子店の写真大晦日。ちょっと寄り道をしながら、実家に帰る途中、今年の締めとなるラーメンをいただくことにします。本当は、八王子市上野町の某街中華がこの日の目的地でしたが、生憎、既に年末年始休業に突入済。でも、まぁ想定の範囲内。そこから徒歩数分のところにあるコチラにターゲットを変更。大晦日に営業しているのが分かっていましたのでw

入店して券売機で中華そば(730円)の食券を買うと、店内の待機スペースに10人ほどの列。ま、しょうがない。大晦日に営業している店舗は、どこもこんなものでしょう。意外にもサクサクと列は進み、入店から15分ほどでカウンター中央辺りに着席。待機中に食券を回収されていたので、程なく我が一杯が配膳されました。

お馴染みの、縁に青い柄が付いた丼には、表面に多めの液体油の浮く白濁豚骨魚介スープ。綺麗に折り畳まれた中太ストレート麺の上に、パラリと粗挽きBPの掛かった肩ロースチャーシュー、メンマ、沈みかけたなると、海苔に薬味ネギ。何とも懐かしい、同店の一杯らしいビジュアルです。ではいただきます。

先ずスープ。九州系豚骨の白濁したベースと、煮干節の魚介系ベースを合わせた、豚骨魚介系の先駆となった動物魚介醤油スープ。動物系のどっしりとした出汁感の上に、煮干魚介のフレーバーが縦横無尽に発散されるとともに、素性の良い醤油ダレと相俟って、一口飲んでみて不足感を微塵も感じません。美味しい。

麺は、これまたお馴染みの、少し平打ち気味の中太ストレート麺。硬すぎず柔らか過ぎず、ドンピシャな茹で加減で、破断感はザクザクとした感触を維持しながらも、いわゆるツルシコな喉越し。中太ゲージながら、麺自体のしなやかさもあって、スープの持ち上げも問題なし。啜って良し、噛んで良しの優等生的な麺ですな。美味しい。

トッピング関係。肩ロース部位のチャーシューを、箸でつまんで持ち上げてみると、意外に分厚いw 今までここまで厚いものに、同チェーンで巡り会ったことはなかったな。大概、感想ではいつもペラいという形容詞を使っていた気がw メンマは柔らかめのサクッとした食感で、仄かにゴマ油の香り。美味しい。

久しぶりの、青葉の元祖・豚骨魚介のダブルスープ。麺とスープを交互に行きながら、結局スープをほぼ行っちゃってKKにて食了。今までの同チェーン他店での食事などを思い出しながら、経験的に、スープにせよ麺にせよ、コンディションのブレが最小なところが、同チェーンを利用する上での安心感に繋がっていると思うのと同時に、良い2017年の締めになったなと思った一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

NSASさん、
豚魚またおまの元祖のような店ですが、安定感ありそうですね。僕も相当前にこの店に行って衝撃を受けたのを覚えています。今年よろしくお願いします。

まなけん | 2018年1月1日 20:54

まなけんさん、あけましておめでとうございます。

大晦日まで、ビッシリとラーメン食べてましたw
こちらは、どちらの店舗でいただいても、ほとんど印象が変らないのが凄いと思います。
また、今の豚魚の主流とも少しずれて来ているようで、意外に新鮮さも感じられるので
少し不思議な感じがしましたw 今年も宜しくお願いします。

NSAS | 2018年1月2日 06:59