なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:00過ぎに訪問。店は地下1階と1階を占めるが、この時間は1階のみでの営業で、席は8割位の埋まり具合だった。客層は大学生が多いようだ。店内スペースは小ぢんまりとしており、多人数用含むテーブル席2つと短いカウンターのみが設けられている。男女2-3名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。食券を購入すると、厨房にオーダーが通るシステムのようだ。暫く待って配膳。

麺は、ストレートの真っ白い細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。密度感を伴うツルツル&シコシコ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。この一杯に於けるマッチング性も申し分無し。
量は普通位。細麺としては多い方かもしれない。自分には、これ一杯で程好い満腹度だった。

タレは、丼底に少量溜まっている。茶色を呈しており、粘度は感じられない。
よく混ぜてから食べてみると、辛さはピリ辛程度で山椒による痺れ感は程々に感じられる程度。スパイス感という点ではかなり控えめなチューニングとなっている。
一方、芝麻醤の主張は無いが、具の肉味噌が良い役割を果たしており、コク、味の厚みは一定レベルで確保されている。塩分濃度は適度。さらに八角の風味も仄かに感得され、これはこれで十分に成立していると思う。
自分には刺激の点で大いに物足りない為、店が推奨する通り、辣油による味変を図る事にする。ボトル入りのノーマルな辣油と、缶入りの固形分リッチな辣油を共に多めに投入したところ、大いなる底上げをもたらしてくれた。ただ、固形分の揚げられた事に由来する香ばしさが前に出過ぎてしまうのがちょっと残念。

具として、肉味噌は適量。適度な味付けでまずまずの旨さ。
その上には、粗く斜め切りされた白葱、茹でキャベツ、カイワレがタップリと盛り付けられる。いずれも風味と食感の両面で良い役割を果たしているが、葱の青臭さがちょっと気になってしまった。
さらに、その上からは白胡麻がパラパラと振りかけられている。

味的にはもう少し練り上げて欲しい気もするが、メニュー全般的にCPが良さそうで、学生街では重宝されそうな一店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。