なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば 小(700円)」@東池袋大勝軒 八王子店の写真休日の外出先からの帰宅前。いつものように八王子乗換えも、この日は遅くなってしまったので、あまり乗換えルートを外れて足を伸ばしたくない。で、こんなときにあまり悩まずにチョイスできるお店、コチラを訪問することにします。18時半過ぎに入店すると、店内、先客で半分ほど埋まっています。コンスタントな客入りですな。

既にアルコールが入っていたのと、この日の腹具合を考慮して、入口脇の券売機で中華そば 小(700円)の食券を購入し、カウンター一番奥に着席。どうやら最近、全メニュー20~30円の幅で値上がりしたみたいですね。こちらは、定期的に期間限定の商品を提供していて、私もこれまで結構利用しましたが、そちらも850円から880円に値上げされていました。ややあって我が一杯が配膳。

おなじみの柄付丼に、半濁した動物魚介醤油スープ。小サイズとはいえ、その水面上に頭を出す東池袋系らしいストレート太麺。トッピングは、チャーシュー、メンマ、なると、ゆで玉子半身、海苔に薬味ネギ。小サイズだからといって、ケチ臭いところは全くない一杯ですな。ではいただきます。

先ずスープ。分厚い動物系と、鰹煮干の魚介系がバランス良くブレンドされたベースに、コクとキレが両立しながら、尖りのない素直な醤油ダレを合せた、東池袋系らしくどっしりとしたスープ。鼻に抜けるスープの香りを感じるだけで、同系統の一杯をいただいていることが実感できます。ちょっと一杯引っ掛けているので、呑み後のラーメンみたいにスープをグビグビ行っちゃいます。美味しい。

麺は、自家製麺のストレート太麺で、標準的な東池袋系よりいくらか細身に感じるもの。麺単体でスープとの親和性に優れ、かつ食感には独特なムチ感のあるので、啜って頬張って咀嚼するのが実に楽しい麺です。もりそばの冷や盛だと、一定のシコ感が出るのですが、あつもりや温かいそば系はムチッとして、多少柔らかめにも感じます。美味しい。

チャーシューは脂の少ないトラディショナルなモモ肉タイプ。食感的に多少パサつく感じもあるので、しばらくスープに沈めてからいただくのが吉。メンマは、少し濃いめの味付けの材木状に太いもので、ガリガリとした食感が楽しいです。

半ばで、アルコールの勢いもあり、自分的な定番チューン行っちゃえw 卓上アイテムの中から、豆板醤とおろしニンニクを付属の匙で2杯ずつレンゲ上に投下し、これを一気にスープに溶いていきます。あとは麺を頬張りながらスープを一気に掻っ込んで食了。

中華そばでも普通盛サイズだと、食べきれるか腹具合と相談するようなところがありますが、小サイズだと、呑み後の〆の一杯としても気楽に行くことができます。また、同店では、2~3週おきに期間限定メニューをローテーションしながら提供していて、自分もそれを楽しみに来ることも多いですが、やはり基本の中華そばはロケーション、シチュエーションを選ばないなと改めて感じた一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

コメント

久しく東池系食べておりませんの
どこかの店舗で狙います!(^^♪

YMK | 2018年2月6日 08:22

YMKさん、こんにちは。

東池袋の旧本店はついに行けずじまいでしたが、定期的に食べたくなる同系統。
それよりも、Yさんの1500レビでJ直系店行きたい思いが沸々とw

NSAS | 2018年2月6日 17:09