なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけめん(太ひら麺 780円)」@中華そば 青葉 府中店の写真この日は、会社帰りに府中駅で下車し、JRの府中本町駅近くまで歩いてコチラを訪問することにします。いよいよシーズンが到来したことでもあり、つけ麺を同店オプションの太ひら麺でいただいてみることにします。

19時前に入店すると、先客2名のみ。まだまだこれからという時間なのでしょう。券売機でつけめん(780円)の食券を買ってカウンターに着席し、食券提出時に太ひら麺を申告。調理の風景を眺めていると、何やらきしめんほどもある幅広な麺を扱っているのが見えます。そうこうするうちに、思ったほど時間がかからず5~6分で配膳。一緒に卓上に案内のあった柚子唐辛子もお願いしました。

小さめなつけ汁丼の方には、薄茶濁したつけダレの中に入るハーフカット程度のチャーシュー、メンマに刻みネギが水面上に覗き、表面には七味唐辛子でしょうか、赤い辛味や黒ゴマが僅かに振られています。また、液面上にはもみじ由来でしょうか、コラーゲン質が膜を張りつつある感じが見て取れます。

麺皿の方には、きしめんくらいの幅がありながら、中央部が肉厚で端がピロピロとした異形平打ち麺。ふすまを一緒に練りこんだ感じの、茶色い粒々が麺肌に見て取れます。以前、東大和店でいただいた太麺は、同じく幅広だけどまさにきしめんといったビジュアルでしたが、コチラのは別物です。また幅広な麺らしく、面皿の盛付けはさほどボリューミーには見えないので、これなら大盛を頼めばよかったかも。ではいただきます。

まずはつけ汁。ファーストタッチでまずは酸味がドンと来ます。鶏ガラ豚骨に魚介出汁を合せた元祖ダブルスープはその通りなのだけど、つけ麺のつけ汁にのみ投入される酢の量が少し多いのか、酸味が立っていますな。やや突き刺さる感じ。また酸味に隠れるように、動物系スープの雑味も僅かに感じます。他店でつけ麺をいただいた際には、こんな感じではなかったように記憶していますが。店舗によるブレなのか。

つけ汁の底を浚えてみると、ハーフカット程度のチャーシューが2~3片と、太めのメンマが数本投入されているのが判ります。

麺は、やはり全粒粉を使っているようで、小麦の香りが結構強めに鼻に抜けて行きます。茹で加減は硬すぎず柔らかすぎず、一見、刀削麺のような見てくれですが、ゴワついた感じはなく、エコ箸でもまずは普通には扱える程度にはしなやかさもあります。つけ汁がちょうどピロピロ部分あたりに載ってくるので、つけ汁の絡み自体は悪くはないですが、やはり標準の中太ストレート麺の方がこの一杯には合っているようです。

割と早めに麺が底をつき、つけ汁の具も残り少なくなったので、少し酸味緩和のためにスープ割をお願いしてみます。ブーメラン方式で戻ってきたスープ。酸味については飲みやすくなりましたが、やはりベースの雑味が多少気になるな。

青葉といえば、どこの店舗で食べてもあまり大きくブレることがないという認識でしたが、まぁそうでないこともあるんですな。逆に言えば、店ごとに仕込んでいる証でもあるので、その辺りの個性を楽しむという考え方もあるかも知れないと思った一杯でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

これあの青葉っすか?
新宿の店舗にお邪魔する機会あれば
狙ってみます。

YMK | 2018年5月30日 08:55

YMKさん、こんにちは。

新宿の店舗は利用したことはありませんが、太麺仕様の設定があるようですね。
豚骨魚介の走りにして、既に今の流行最先端ではありませんが、ほぼ定期的に食べたく
なってしまうんですよねw

NSAS | 2018年5月30日 21:20

青葉はセントラルキッチンですが、店舗に届いた後の管理、火入れ後の管理、調味料など後入れモノの分量はお店の裁量に委ねざるを得ませんので、温度を含め管理に何かしらの不具合があったのかも知れません。
青葉のつけ麺はラーメン程の満足感がない印象です。ラーメンから開発されたお店では、概ね同じような印象を抱きます。
具体的な店名を出しますと、個人的ベストの吉左右ですらつけ麺はラーメンに及びませんし、風雲児もラーメンから開発した関係で、販売量で圧倒的なつけ麺よりもラーメンの方が美味しいと思っています。完全に私見ですがw

Dr.KOTO | 2018年5月31日 18:53

Dr.KOTOさん、こんばんは。

青葉はセントラルキッチンだったのですね。ずっと店舗仕込みと思ってました。
お恥ずかしい限りですが、観察力不足ですねw

言われてみれば、ラーメン・つけ麺両方出しているお店だと、自分もほぼ例外なく
ラーメンに高評価出してますわw

NSAS | 2018年5月31日 20:49