なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩ラーメン 650円」@地鶏中華そば 祥秀の写真みなさんおはようございます 小生 原○ャリと申す新参者だ。

【地鶏研】

*店
「地鶏研」に属するお店の中では比較的新しめに類するコチラ『地鶏中華そば 祥秀』さんへ初訪問してみた。個人的には館林のインパクトが強すぎて、何かの序でがなくお邪魔してなかったが、今回は近隣にて所用が発生したので、迷うことなく訪問して表記をオーダーしてみた。
店内は平日ながらほぼ満席の盛況振り、家族連れやサラリーマンが見られ「地元の人気店」との印象である。

*丼
大判の肩ロースチャーシュー、海苔、メンマ、薬味ネギが黄金色のスープに乗って到着、地鶏研ど真ん中なビジュアルにややハードルが上がるのだ。

*スープ
表層の油は控えめだが、素スープ由来の鶏と乾物魚介が非常に優しくも力強く主張し、塩ダレはカドがなく且つ後味に貝類を覚える。各素材が渾然一体となりバランスがよくレンゲがなかなか止まらない。
アタシにとっての「鶏塩」は地鶏研なんだと再認識したほどだ。

*麺
細ストレート麺はやや固めに茹で上げられており、僅かにボソっとした噛み応えと粉っぽさが同居し、かんすいの香らない地鶏研らしい仕上がりだ。

*具材
大判の肩ロースチャーシューはサクサクと噛み切れ、ドリップ放出後なので冷凍肉と思われるが、肉質自体は中々で価格を考えれば十分納得できる。穂先メンマの調味も塩梅よく、スープを引き立てていた。

*総評
税込650円という事は本体価格は600円程度に過ぎない、それでこの素材感は十分賞賛に値するだろう。
地鶏の風味に乾物魚介とほんのり貝類が香る地鶏研らしい一杯だったのでR。
あぁ 館林 行きてぇ。

ごちそうさまなわけだが

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

川越地鶏研だぁ〜!

昭和のBecky! | 2018年6月15日 12:23