なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「家系二郎(アブラ多め)850円」@横浜家系ラーメン 太田商店の写真みなさんこんにちは 小生 原チ○リと申す新参者だ。

【新作】

*店
スーパーマーケットの敷地内に位置するコチラ『横浜家系ラーメン 太田商店』さんへ久しぶりにお邪魔してみた。場所的に本格的な家系ではなく、手軽にいつでもいただけるお店であることは想像に容易いのだが、店舗前に飾られた幟の「家系二郎」に反応してしまったのだよ、諸君。
おやつタイムの訪問だったが、店内には数組のお客様が存在し、しかも家族連れが多くお買い物序でなのかもしれない。限定である表記をポチリ、カウンター席にご案内いただいた。
お好みは「アブラの量」だけとの事なので、「マシマシ」と伝えたが「多めですね」と返されてしまったのだ。

*丼
チャーシュー、アブラ、漬けにんにく、玉ねぎ、モヤシとキャベツが載って到着だ。
標高は低く、登山というよりも軽いハイキング気分なのである。

*スープ
クリーミーなCKスープに甘めのカエシダレがガツンと主張し、初動のインパクトは予想以上。
風味は控えめだが乳化の進んだ豚骨スープとの印象であり、ジャンクにしてしまうと十分に満足できるのだ。

*麺
平打ちのストレート麺はワシワシとした食感で、強力粉がメインと思われる。
咀嚼すれば粉の風味と雑味が同時に伝わるが、スープを一口いただいてしまえばネガは封印されるのだ。

*具材
ペラペラのバラ巻きチャーシューはデフォと共通で、この一杯には寂しさを覚える。
調味が加わったアブラ、漬けにんにくはジャンクさを後押ししており、調味のないヤサイと一緒にいただくことをオヌヌメしておこう。

*総評
ハードルが低かった事もあってか不満なく最後までいただく事ができた。
群馬県内に数多存在する「○じ麺」及びその発展系よりは濃厚なスープであるが、強気な価格をどう捉えるかで評価が別れるかもしれない。
コレクターズアイテムとしては十分な一杯だったのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

コメント

まだコメントがありません。