なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚つけ麺 大盛(300g 880円)」@麺屋 狢〜むじな〜の写真会社帰り。近くに所用があって八幡山で途中下車。ついでに食事をして帰ることにします。季節柄、ラーメンよりつけ麺や冷しものに逃げる頻度が高いですが、この日も温かいラーメンは候補にも上らず、10数年前に食べ歩きを始めた頃に何度か利用したコチラで、つけ麺をいただくことにします。

19時半頃入店すると先客4~5名。店に入って左右両側にカウンターがあるんですな。ほぼ10年振りだったので、店内の配置など全く覚えていませんでしたw 券売機で、豚つけ麺の並盛と同額の大盛(300g 880円)の食券を購入し、厨房とは反対側のカウンターに着席。つけ麺らしく10分少々かかって配膳となりました。

つけ汁の容器には、茶濁して粘度の高そうなドロ系豚魚のつけ汁。チャーシューなどの具材はこちらの方に投入されているようです。麺丼の方には、小麦粉由来なのか少し茶色がかった角断面のストレートタイプの太麺が折り畳まれて盛り付けられ、海苔が1枚添えられています。一昔前に全盛だった典型的なドロ系豚魚な一杯w ではいただきます。

まずはつけ汁。粘度は高め、鰹系の魚粉がふんだんに使われ、多少ざらつきを感じたりもする豚骨魚介系のつけ汁。やや甘めに振った醤油ダレが合せられており、10年前に同店で豚魚つけ麺をいただいた際の印象が、鮮やかに脳裏に蘇ってきました。まさに十年一日がごとしw

そのつけ汁を浚ってみて、メニュー名の「豚」の意味の勘違いに気付いた私。チャーシューが増量されて入っているものとばかり思っていましたが、ブロック状のコロチャーシューは一定量のみで、茹で豚ロース肉が3枚程プラスされるというものでした。これもやはり、しっかり味のついたチャーシュー増量の方が良かったなぁw 他には薬味など。

麺は、一定のコシがある割には、ムチンとした弾力に乏しく、咀嚼時にボソッとした食感になってしまう感じのもの。少し茶色っぽい色に表象されるように、小麦粉のチョイスによるものだろうか。コシ、ムチ感に喉越しの三拍子をつけ麺には求めてしまう私。コチラのは正直いまいちかな。

麺をつけ汁に潜らせて持上げた際に、薬味の刻みネギだけでなくザク切りタマネギが絡み付いてきて、ザクっとした食感が楽しめるのは良いですね。

さて、半ばでルーチンも単調になってきたので、割りスープとともに卓上にある柚子の皮の粉末というアイテムをスープに投入し、残った麺とトッピング類をブチ込んでプチラーメンを制作。ポットの鰹出汁でスープも多少粘度が緩くなり、かつ柚子の香りでフレッシュ感を取り戻し掻っ込んで食了。スープは5割に留めておきました。

10数年前に初めて同店の豚魚系のつけ麺をいただいた時は、これが最先端の味なのかといたく感激した覚えがあります。でも、時の経過と共に、世の趨勢だけでなく、個人の嗜好もまた移り行くものなのだという、ある意味当たり前のことに気付かされた一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

一度ラーメンでお邪魔し
再訪の折つけ麺でと思ってましたが。。。
麺、嗜好に外れたようですね。

YMK | 2018年8月8日 08:31

YMKさん、こんにちは。

自分的には麺はちょっとアレでしたけど、いわゆるドロ系豚魚のお手本のような一杯でしたw
この手に対する食傷感もあったのかなぁ。ちょっと言辞がキツくなりましたw

NSAS | 2018年8月8日 20:37