なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「もりメンマ(1,000円)」@東池袋大勝軒 八王子店の写真休日の帰宅時。八王子で16時を回った半端な時間。ラーメンサイトの営業案内では中休みなしの表記の某店が、行ってみたところ、しっかり15時半から17時まで中休み中。しゃぁない。少し戻ってこんな時に確実にやっているコチラに入店します。

こんな時間帯でも、そこそこ先客さん方で賑わっていますな。入口脇の券売機でもりメンマ(1,000円)の食券を買ってカウンターに着席。向かいの調理スペースには店主と奥様の2名のみ。バイトとかは休憩をとっているのか、省エネ営業中のようです。ご夫婦の流れるような連携作業により、さほど時間がかからずに我が一杯が配膳されました。

珍しく麺の方よりも一回り大きめな汁丼には、茶濁したつけ汁の水面上に大量のメンマとチャーシューに薬味のネギが顔を出しています。大抵、つけ麺の具材類は水面下っていうか底に沈んでいるものですから、一体どれだけの量のメンマが水面下に沈んでいるのでしょうねw 少し小ぶりな麺丼の方には、縁より少し盛り上がってこんもりと盛られた東池袋系らしいストレート太麺。ではいただきます。

まずはつけ汁から。野太い動物系と煮干節系のベースを合せたいわゆる動物魚介系のつけ汁。東池袋系らしく、甘みと酸味を比較的強めに立たせた「甘酸っぱ」仕様のものです。表面は半ば乳化しかけた油が覆うので、茶濁した感じに見えるけど、レンゲで表面の乳化油層を避けると、下にはくっきり醤油色の濃いつけ汁が現れます。同系統らしいつけ汁で私は好きだな。

そして、つけ汁丼の底の方にレンゲを差し込んでサルベージしてみると、大量のメンマが出現w いくらメンマをフィーチャーした商品とはいえ、ここまでとはw 笑っちゃいますw 少し濃いめの味付けの自家製メンマで美味しいんだけど、さすがにこの量だと最後の方は飽きてきそうw

さて麺。遠目に艶やかに見えて、ミクロ的に見ると実は表面に細かい凹凸のある太麺は、スープをしっかり拾って来てくれるので、同系ならではの甘酸っぱ仕様のつけ汁をしっかり口にまで届けてくれます。食感は、ムチンとしてやや柔らかくも感じる程度の茹で加減で、自分的にはド・ストライク。このなめっこい感じが好きです。美味しい。

チャーシューは、モモ肉系のものが3枚ほど入っており、多少パサ気味ながらも無難な存在感。

並盛で300g以上と、麺の絶対量が多いので、途中で多少目先を変えたくなりカスタム実施。卓上アイテムの中から、いつもの豆板醤とおろしニンニクをティースプーン1杯ずつつけ汁に投入。残った麺を全量つけ汁に入れ、メンマ、さっきのチャーシュー、なるとに標準で半玉入る固ゆでのゆで玉子を添えてプチラーメンを作成。スープ割りをしていないので、やや濃いめの味ではありますが、固形物を掻っ込みスープ半分残しで食了。

今年に入って定休日や営業時間の変更があったようで、平日の会社帰りに立ち寄ることはほぼ不可能になってしまいましたが、休日に八王子を通ることの多い自分としては、中休みの時間帯を気にしなくてすむ分、使い勝手の良いお店であることを改めて認識させてくれた一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

コメント

おいらも写真拝見して「アレ?スープの量がおかしくね?」って思ったんですが、やはりメンマさんが満載でしたか…w
底に沈んだ濃いめの味もブレンドした方が旨いですね、食欲が刺激される味です。甘さと酸味がないと、東池袋大勝軒の多めな麺を消化するのは難しいのでは、と思っています。
なお、マイベスト味変は大量の胡椒(黒)です。粗挽きじゃないと使いませんがw

来週、駒込の「ごとう」あたりに行って、同系列のつけ麺を食べたいなと思い始めました。

Dr.KOTO | 2018年9月9日 11:41

Dr.KOTOさん、こんにちは。

こちら、約2~3週間単位で、期間限定のラーメンやつけ麺を提供していて、当初はそれを目当てに
通っていたものです(二郎系のもりそばや汁なしなどもあり)。
でもいつしか、定番のもりそばや中華そば指向に落ち着いてきた感があります。
やはりもりそばならあの甘酸のように、トラディショナルなところがポイントなんでしょうねw

NSAS | 2018年9月10日 16:29