なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「とんしお」@大ちゃんらーめんの写真一度行ってみたいと思っていた内房の人気店

日曜日に遠征しました

外待ち20名、中待ち数名

テーブル席は家族連れで埋まり、子供がたくさんいます

中に入ると注文を訊かれました

予定のとんしおチャーシューはやっていなかったので、とんしおと大ちゃんギョーザをたのみました

サービスのゆで卵をとり、カウンターに腰掛け、のんびりと調理の様子を見学

あたとさんのレポートにもありましたが、年配の店主が、ひとりで全部調理しています

フロア係の女性3人は全く調理に関わっていないのです

釜の縁にかかったテボに麺を入れて、鉄板に油を敷いて餃子を乗せ、丼にかえしを入れ、ダシ汁も入れ、チャーシューを切り、麺をさっと湯切りして丼に入れ、餃子にお湯を足し、空になったテボにモヤシを入れ、なぜか大盛り分の半量の麺を空いたテボに入れ、焼き上がった餃子を皿に乗せ、茹で上がったモヤシを丼に入れ、大盛り分の半量の麺をあと乗せして、チャーシューを乗せ・・・

いくつか掟破りの手順もありましたが、無駄のないさばきは見事としかいいようがありません

麺の茹で時間や餃子の焼き時間をどうやって判断しているのか、不思議でした

並んでから着丼まで1時間かかりましたが、見るからにうまそうなラーメンです

麺はアリランラーメンに似ていて、固茹でスパゲティに似た歯応え

たぶんこの麺は、のびにくく厳密な茹で時間を要求しないタイプなんだと思います

トンコツしおスープは、ダシがしっかり効いていますが、トンコツにしては透明度があります

気のせいかもしれませんが、課長感も感じました

そうだとしても、それはこのラーメンの魅力のひとつになっています

チャーシューは3切れでしたが、これが激ウマ

歯応えがあって梅乃家のチャーシューよりうまいです

でも3切れでは物足りないです

モヤシが多く、麺はやや少なめ

たくさん食べたい人は大盛りがいいと思います

自分で剥いたゆで卵は、白みがあちこち剥がれて無残な姿でしたが、このラーメンに意外とあっています

あっという間に完食しました

他のうまいラーメン屋さんとは一線を隔てた、常識破りのワイルドなラーメンでしたが、その個性的な味に熟練の技を感じました

ここは千葉を代表する名店のひとつに入ると思いました

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは〜
ここは一度行ってみたい所なんですよね。
見るからにワイルドで繊細さを感じませんが魅力的な一杯です。
ブックマークしておきます(笑)

がく | 2018年11月20日 01:08

市原から南下してのレポは珍しいですね。
それほど行く価値がある店だったようで、点数に表れてますね。

すてぞー | 2018年11月20日 05:02

美味いでしょう!美味いでしょ?美味いのよー!
ようこそ、内房人のソウルフードへ~!
大将の「掟破り」な調理も良いですよねー!笑っちゃう!
課長?ドーピング?なんでもありよ。美味いんだもの!ゴチ~。

あたと_13号 | 2018年11月20日 21:59

ジェントルな配慮は要りませんw
旨味調味料はたっぷり入っていますぜ。

私的なニュースをお伝えすると、3年前くらいに餃子の皮が分厚くなってしまい、ジャンク感が若干損なわれてしまったのが残念です。通りすがりにテイクアウト用を購入したり、木更津に実家がある友人に買って来てもらったりと、餃子は半年に一回くらい食べています。えっ、ラーメン?持ち帰りが出来ないのです(涙)

豚骨にしては透明度があります…と言う記載、大変気になります。
おいらが知っている大ちゃんは、透明感とは無縁の単なるジャンクフードでした。
随分長く訪問してませんので、様子を見に行って見ようかな…。そんな気分です。

Dr.KOTO | 2018年11月20日 22:35

みなさま、コメントありがとう!
この店まで南下すると、交通費がばかになりませんが、行った甲斐がありました

房総ではドーピングは珍しいのですが、それでも房総らしさのあるラーメンでした 身体に悪そうな感じはありませんでした
写真をみると、スープの表層は濁っていますが、食べ進めると深層は透き通った茶色でした

また行きたいお店です

ふなっしーの恋人 | 2018年11月23日 10:25

こちらも何度も狙っているのですが、
到着したら終わってしまういまだ未訪店です。
今度は是非食いたいと思っています。

昭和のBecky! | 2018年12月4日 02:38