なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば 670円」@森田屋支店 太田店の写真みなさんこんにちは 小生 原◯ャリと申す新参者だ。

【豚清】

*店
通常生活が再開した。
ストレスと対峙する日々の連続、お昼くらいはリラックスしたくコチラ『森田屋支店 太田店』さんへお邪魔してみた。
ちょうどお昼時ともあって店外まで行列が形成されていたが、駐車場の空きを待っていたところ店内待ちにまで納まっていた。
久しぶりの一杯は表記である。

*丼
大きな丼になみなみと注がれた褐色のスープから豚の風味が湧き立ち、丼一杯の麺、バラ煮豚、支那竹、薬味ネギが奢られる。

*スープ
アタシの味覚のブレなのか、偶々なのかは判りかねるが豚の風味が全面に押し出されており、カエシダレの効きも強めにカンジタ。調味料の働きはいつも通りだが、豚による強めのインパクトを伴っていた。
これはうまい。

*麺
極太でうねりのある不揃い手打ち麺は提供時のコシの強さ、そして粉の風味はまさしく「うどんライク」。加えて通常店の1.5~2倍は確実にあるだろうそのボリュームは、よほどの大食漢でない限り普通盛で十分であり、後半にはヤワに転ずる意図しない味替えが体験できるのだ。

*具材
バラストレートの煮豚は煮加減、肉質、調味、どれも完璧。
群馬県産チルド肉の本領発揮なのだよ、諸君。
支那竹は歯応えを残し、薬味ネギが豚の風味と素晴らしいマッチングを見せるのだ。

*総評
シンプル且つ豪快。これが670円はバーゲン。
広い店内、しかも座敷席まで満席の客を夫婦2人で回す事は驚愕。
ただし、席が空いても勝手に座ってはいけない。
ルールを守れば優しい接客なのでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

コメント

まだコメントがありません。