なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「あってり麺 [特選黒醤油] 900円 レアチャー丼小200円」@あってりめんこうじ 安中原市店の写真2019 1日曜 13:00

【月に2日のあってり麺】

安中市の気になる人気店「あってりめんこうじ 安中原市店」さんにお邪魔してみた。

到着しますと外待ち6名。後客数名。
店前の8台の駐車場にはうっすらと雪がある。

段差のある坂になっていて車は止めづらいが?
ほぼ満車だったので、狭い路地の真裏の駐車場に車を止めた?分かりにくいが、正解だったようだ。

後尾に接続。6人座れる長椅子がある。
20分程で入店。

店内はカウンター6席でテーブル席はあるが使ってはいないようだ。
明朗快活な若い男性2人で営業です。

今日は定番の中華そばのメニューはないらしい。
本日のメニューは黒板に書かれた限定?のみ。
「あってり麺」の特製黒醤油、煮干白醤油の2品に和え玉、ガリマヨレアチャー丼。
セットのレアチャーシュー丼の小、中、大。 

いつもの中華そばとは一味違う本日限定らしい?
あってり麺の特製黒醤油をオーダー。
あってりとはあっさりとこってりの中間らしい?

前金制で接客担当の男性に支払い。
後で気になるレアチャーシュー丼(小)もお願いした。

程なく到着。

スープは、はじめに節系、煮干しの風味。
鶏豚などの動物系もふんだんに使用。
魚介との相乗効果によりまったりしたコクを出す。
醤油ダレは拘りの特選醤油3種類をブレンドした熟成の旨味がミソ。
出汁に負けない力強さがあり円やかに包み込む。
中華そばより旨味は凝縮した濃厚さがある(らしい)が、意外にサッパリと頂ける好みの味わいだ。

流線状にキレイに盛られた麺は、中細のストレート。
ボソバツの歯応えがよい加水率低めの麺。
粉の風味が漂い、スープによく絡み付く相性の良さだ。コチラも拘りの一品だ。

チャーシューは、バラ肉とレア肩ロースの2枚。
バラストレートは歯応えを残しながら、シットリした脂身と赤身のバランスのよさ。
肩ロースはホロとした崩れる柔らかさ。
シャクとしたメンマ、青菜、トロリ味玉半分の具沢山。
薬味は長ネギです。

レアチャーシュー丼(小)は、
レアの鶏チャーシューは2枚、豚肩ロースが1枚。
特に鶏ムネ肉はプリプリの歯応えとシットリした舌触り。クサミは皆無でとても鶏とは思えない。
柔らかいアワビ貝のような食感。(食べたことは余り記憶にないが?)
スッキリした出汁醤油のタレが効いて、
サッパリとしていて、これだけでも来た甲斐がある
目から鱗の美味しさだった。


月に2日程度の?限定のあってり麺に偶々?
当たってラッキーだったようだ。
丁寧な仕込みと調理により、一層美味しい一杯にする。
定番の中華そばも戴いてみたい。
レアチャーシュー丼は外せない!

◆ハッスルの佐野らーめん図鑑
http://www.hashurukage.pw/

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは
おぉ、月に2日とはハードル高い!
食べてみたいです。
普通のも相当美味しかったのでみんな当たりでハズレは無しかもしれませんよ。
また行きたいけど遠いのです。

あらチャン | 2019年2月3日 00:31

あらチャンさん
ありがとうございます
運が良かったようです。より材料を多く使っているようでより濃厚です。
長野県に行く序に?あらチャンさんなら近い方でしょう(^^ゞ

ハッスル | 2019年2月3日 16:25