なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば塩(小 750円)+ニンニク」@東池袋大勝軒 八王子店の写真休日の帰宅途中。例によって通過の八王子市街。もうとっぷりと日も暮れた時間帯。この日は、今年初めての東池袋系詣でと参りましょうか。

コチラの店頭に到着したのは18時過ぎ。入店すると先客7~8名。入口脇の券売機で、中華そば塩の小(750円)の食券を買ってカウンターに着席。食券を受け取りに来た女性店員が「ニンニク入れますか?」。そう、コチラの中華そば塩と、もりそば塩は、茹でモヤシが載り、二郎のようにニンニクの有無を訊いてくれるんですw カウンター向こうの調理スペースにはいつものように店主夫妻。ややあって配膳。

同店お馴染みの柄付瀬戸物の丼には、サイズ小なりに縁からの位置が低めに入った豚骨魚介塩スープ。二郎系のようにドンと多めに盛られた茹でモヤシと、そのトップに掛けられた万能ネギの緑が鮮やかなコントラスト。モヤシ山の脇には、鶏ムネ肉のチャーシュー数枚、キクラゲ、茹で玉子半身、なると、メンマに刻みニンニク。麺はいつもの自家製麺なのでしょうが、この物量のトッピングの下に隠れて見えませんw ではいただきます。

まずはスープ。色的には醤油と言ってもよいくらい濃いめの色合い。少し濁りがあり、若干の辛味も浮きます。総じて、鰹節の香りがふわっと香る動物魚介系塩スープ。この塩ダレ、醤油に比べると、少し角の立った塩味を強めに感じる調製です。モヤシ由来の水分を考えてのことかもしれません。サラッとしたスープ自体は、スッキリとした飲み口です。

このモヤシ山の下から麺を引っ張り出してみると、標準的な東池袋系に比べるとやや細身に感じられる自家製のウェービーな太麺。柔らかめというわけではありませんが、独特のムチ感を感じられるもので、個人的には好きな食感。麺自体に親水性があり、ムチ感都道時にヌメッとしたスープの乗りの良さもあります。単に茹で時間の問題だけでもないでしょう。美味しい。

醤油ベースの中華そばに比べると、モヤシその他のトッピングが豪勢なので、価格も少し高めですが食べ応えもあり、物量的にはとても小サイズには思えませんなw ちなみに同店のメニューは、茹で玉子は半玉だけど全て標準装備です。

チャーシューはこの塩系に限って鶏のムネ肉部位のもの。ややパサッとした食感でサッパリした薄味。塩系に合っているからこその標準搭載なのでしょうが、個人的にはやはり豚の肩ロース部位のものの方が好きです。

さて半ば。恒例のカスタマイズですが、標準で刻みニンニクの入る同メニューですから、卓上のおろしニンニクを入れるまでもなく、この日は辛味(豆板醤)のみ投入です。この辛味パワーを注入すれば、あとは掻っ込んで食了。

休日の帰宅ルート上にある同店。都内の区部には数多くある東池袋系ですが、東京都下、それも私の普段の狭い行動範囲内にはコチラくらい。なので、レビューするしないはともかく、必然的に訪問頻度は上がります。そんな立地的な有り難みを、しっかりと噛み締めた一杯でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 11件

コメント

NSASさん、
これって本当に大勝軒ですか?どう見てもG系のような...

まなけん | 2019年1月29日 21:12

まなけんさん、こんばんは。

そうなんですよw コチラ、東池袋大勝軒の看板を背負いながらも、二郎に対するリスペクトも
相当なものです。
中華そば・もりそばの塩の見た目はこの通りですが、期間限定でもっと二郎寄せのメニューもw
ただ、このメニューの味わいは東池袋系そのものです。

NSAS | 2019年1月30日 21:13

東池で
このビジュアルはあまり見たことなく
確かにJっぽいですね。
ニンニクも良さそうです。

YMK | 2019年2月1日 08:12

YMKさん、こんにちは。

レギュラーメニューの中では、これとそのつけ麺だけが異端なんですw
期間限定で、もっと二郎に寄せたメニューも提供することがありますが、そちらは
味わい含めかなり本格的ですw

NSAS | 2019年2月2日 10:37