なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「(竹)中華そば 白醬油 ¥750」@自家製麺 くろ松の写真2018.10.16

なんとなくクリスタル

本日は、高崎市を代表する一軒へ。ちょっとハイソな気分のヤッシーです。
11:22開店前の店舗へ、既に4名の待ちが発生。待ちが11人まで増えた11:31、遅れてオープン。御家族でしょうか3名で店は切り盛り。入店順にカウンター席へ案内されます。オープンキッチンの様な広々した厨房には製麵機。
卓上のメニューをチェック。お母様(?)が「白は、出汁が美味しいですよ。」とおっしゃっていたので、“中華そば”を『白醤油』でオーダー。
お冷はセルフ。きちんと美味しいい水です。

2ロット目だった為、11分程掛かってラーメン配膳。

さっそく、大きな油玉を浮かべたクリアなスープから。
ジュルルルルル~~。あああ、凄い。
先に口内に広がるは、節系の軽やかで華やかな旨味と香り。しかし、魚介系特有の尖った味わいや、臭みは皆無。そこに鶏の深みある豊かでいながら非常にマイルドなコク・旨味。その両者結びつけるように、昆布系の甘味に近い旨味が、根底に広がります。鶏油は更なるコクを足しながらも、重めなオイリーさや強い香りは無し。全ての素材がお互いを邪魔することなく、絶妙なバランスで混在。無化調にありがちな変な甘味は皆無。味の輪郭を整えるように、カエシの醤油感がやや前に。それでも、全てが繊細で、物凄い完成度。
旨い。

お次は中細のストレート麺を。
ツルルルル~~。あ、小麦が旨い!?
ツヤツヤスベスベの啜り心地に、プチっと優しい歯触り。噛みしめるとシコシコした歯応えに、粉感を超えた小麦本来の旨味が溢れます。モッチリ感はやや弱めですが、その分スープの絡みは一級。
旨い。

具にはレアチャーシュー、拍子木メンマ、カイワレ。薬味の大き目なカットのネギ。
低温調理されたロースは、極力控え目な味付けで、肉本来の旨味のほかに、上品な脂身の甘みも感じられます。調理が良いのか、肉質が良いのか(両方か)? 変な筋もなく、非常に美味しく頂けるもの。喉越しで感じる濃厚な肉の旨味も最強。
やや柔らかめな仕上がりのメンマ。味付けは控えめで、微かな旨味がなんとも高貴な仕上がり。
カイワレの辛味・苦味はイマイチか…、彩り用でしょうか。
辛味、香りの控えめなネギ。野菜的旨味の強いもの。何か下処理がされてしるのでしょうか?


いや~~美味しかった。
後味はスッキリ感だけでなく、美味しさの余韻まで漂うもの。

センス? 技量? 素材?
久々に物凄い完成度の一杯が頂け、少々興奮しながら店を後に。

もう気分は、ブリリアントな午後で脱ダム宣言!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは~。
素晴らしくキレイなイパーイ。
旨そう♪
たまにはこんなイパーイもイイデスネ!

プリティ | 2019年2月5日 22:34

>プリティさん
コメントありがとうございます。
いや~~美味しかったです。
本当に、たまにはこんな一杯を頂かないと、心が折れそうで…♪

ランディ | 2019年3月1日 20:06