なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「座」@京都千丸 しゃかりき murasaki 京都タワーサンド店の写真2月某日、夕、本日は二日間に亘っての大津の出張を終え、京都から新幹線で信州に帰還する。昼飯はサンドイッチ1個だけだったので、乗り継ぎの時間を利用しての夕ラーに突撃したのはこちらの店。

駅前の名所?「京都タワー」の地下にあるフードコート的スペースの一角にある店。何でも「京都千丸 麺屋しゃかりき 本店」(未訪)の支店の模様。駅チカなので都合がイイから突撃した次第。

17:25着、フードコート内先客たくさん、テーブル席に着座、後客わからん。ブースカウンターにてメニュー表(メニュー写真)チェック、中からデフォと思しき‘座’(780円税込)を注文、ブザー券を渡されたのでテーブル席に戻ってスタンバる。

地下にあるフードコートなので全体的には暗めな空間。そのスペースに、洋食、和食、中華、メキシカン、居酒屋、軽食など20店舗が立ち並び、なかなか機能的なフードスペースとなっている。ブースのカウンター席には座れなかったが、厨房は普通の店と遜色ない装備が整っており、本格的な一杯を期待出来そう。そして待つ事5分、ブザーが鳴って取りに行く。

ビジュアルは、薄切りチャーシュー2枚、メンマ、三つ葉、刻みネギが、チー油玉の浮く黒々とした醤油スープに乗っている。丼は中空ステンレス?のメタリックでチョイと珍しい。

スープから。結構アツアツ、これが中空メタリックの器効果で終盤まである程度持続する。「鶏×煮干し」と言うスープは、鶏ガラだしでのあっさりとした動物系の旨味と、ふんわり柔らかな煮干しの魚介風味がバランス良く馴染んだ清湯スープで、スッキリとしたテイスト。合わされたカエシの塩分濃度はやや高めで、黒醤油らしい独特のコクと仄かな酸味が印象的な味わい。京都での黒醤油スープと言えば近くの「新福菜館 本店」をイメージするが、それよりもコクは穏やか。しかしながらなかなか美味い醤油スープである。

麺は断面長方形のストレートな平打ち麺。茹で加減は丁度良く、ツルツル、モチモチとした食感がなかなか良好。黒醤油スープとの相性もまずまず。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは鶏チャーだとマズいので事前に確認したら薄切りの豚ロースと豚バラと言う事だったが、薄切りの豚ロースのみにしか思えん。取りあえずホロホロと柔らかで美味い。メンマは太めのサクサク食感、薄醤油の味付け。三つ葉は和の薬味感を添える。刻みネギの薬味感はまずまず良好に効いている。

スープは少しだけ残し。大津への二日間に亘った出張の帰り、京都での新幹線の待ち時間に突撃した駅チカのこちらの店での「座」。それは見た目真っ黒な醤油スープには「鶏×煮干し」の旨味が横たわり、黒醤油のどちらかと言えばまろやかなコクが味わえる一杯でなかなかに美味かった。しかしながら本店でのテイストとは差別化されている一杯の様で、こちらは中空メタリックのラーメン丼の印象の方が強かった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。