なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン中730円(ニンニクアブラカラメ)」@赤ひげラーメン 那覇松山店の写真2019年2月の沖縄旅行の二日目、レンタサイクルを借り南部方面をサイクリングして戻ってきた後で夕飯として利用しました。平日20時頃の来店で、店内は6割程度の客入りでした。店員さんは3名体制でした。

 券売機で食券を買います。ボタンには”ラーメン””赤ひげラーメン””黒ひげラーメン””まぜそば”など色々ありますが、初めてだったので”ラーメン”のボタンを押します。サイズは中盛、730円です。

 食券提出からまもなく「ニンニク入れますか?」コールがありました。呪文は「ニンニクアブラカラメ」でお願いしました。

 注文から5分弱で登場!意外と早かった!

 スープ:これは!二郎・・・・・!!沖縄でこんなに二郎に近い二郎系ラーメンを頂けるとは思ってもいなかったので、ちょっと感動しました。スープ自体は二郎店舗の平均値よりもずっとあっさりなのですが、方向性としては間違いなく二郎のそれです。非乳化でダシとカエシのバランスが良いです。ダシもカエシもやや弱めで、二郎店舗であれば目黒店か三田本店か、会津若松店のそれに近いです。会津若松店が一番近い印象でした。背脂は少なめ、ニンニクはしっかりと入っているので風味が強く出ます。

 麺:麺は硬めで、二郎店舗と比較するならばどの店舗よりも固いです。しかし麺の風味や見た目などは完全に二郎のそれで、二郎で使っている麺を茹で時間短めにして出している、そんな印象でした。麺量は中盛だと300グラムだったか、そのくらいらしいです。300グラムだと二郎であれば少ない方ではあります。

 具:モヤシ、キャベツが少々、チャーシューが2枚です。モヤシとキャベツの比率は95対5と言ったところ。チャーシューはややパサやや柔らかジューシーで、最高とは言えませんが悪くありません。なかなか引き締まったチャーシューで、インスパイアだとしたら平均点以上です。厚みも1センチくらいあって食べ応えもありました。

 あっさりではありますが、二郎再現度はかなり高いです。本物の二郎は重たすぎて「いつでも食べられる」と言う訳ではないですが、このお店のラーメンならばいつでも食べられそうです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。