なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺(醤油 500円)」@九州ラーメン 桜島 東町店の写真休日。この日は、先日、3月20日限りで閉店することを表明した、八王子のソウルフードなどと言われる桜島へ、食べ納め2回目として突撃することにします。よりご縁の深かった京王店の方は、最後の最後にしようと、この日も東町店の方に行くことに。

14時過ぎと、一般的には混雑のピークを越えた時間帯ですが、閉店告知の効果か店内満席。店内の券売機でつけ麺(500円)の食券を買うと、1つテーブルが空いたので着席。そう、前々から一度食べてみたかったつけ麺を、この日はオーダーすることにしました。食券を取りに来た女将に、味は醤油でと告げます。それと無料サービスの食べるラー油も。ややあって1セット揃って配膳。

つけ汁の小さめの容器には、茶濁した豚骨醤油らしい色あいのつけ汁に、薬味ネギと白ゴマを散らしたもの。平たい麺皿には、いつもの平打ち中太麺が水で締められて、具材のモヤシ、ワカメと合い盛になっています。その他に小皿が2つ。1つはつけ麺には標準で付いてくる、味変用のラージャンの素。そして無料サービスの食べるラー油。ワンコインでこの威容ですよw ではいただきます。

つけ汁は、ラーメンの醤油のスープを濃いめの調製にして、ほんの少し酸味を足した感じのクラシカルな豚骨醤油スープ。元々こってり仕様ではないですが、つけ汁になると一層サッパリとした口当りになります。美味しい。

麺は、冷や盛と言うほど冷水で締めた感じではなく、盛付けられた状態で人肌程度の常温で、それ故つけ麺にしてムチッとした食感が味わえる麺の仕上り。とかくツルシコを美田とする向きが一般的には多いですが、私はムチンとしたこの手の方が好きですな。美味しい。麺と合い盛になっているモヤシとワカメは、つけ汁に潜らせていただくと、程良い箸休めの役割を担ってくれます。

さて、無料サービスの食べるラー油ですが、摘まんでみるとメイン具材のフライドガーリックがかなり甘いもの。まるでジャコの佃煮のような味付けなので、当初はスープにドボンする予定でしたが、具材だけ摘まんで食べ終えたら、余ったラー油のみを、別添のラージャンとともにカスタマイズに使うことにします。

本当は、このラージャンなどは、様子を見ながら徐々に溶いていった方が良かったのかも知れませんが、面倒なので、最初から全量、ラー油の方も、一気にスープを掛けて洗い流すようにつけ汁に溶いてしまいましたw 辛すぎると言うこともなく、良い感じに辛味が増してくれました。あとは麺を付け合わせのモヤシ、ワカメ共々、掻っ込んで食了。

以前から気になって仕方がなかったワンコインのつけ麺。やたらと多い無料サービスと組み合わせると、これだけで満足感は高いです。腹に余裕があれば、100円プラスして大盛りにしても良し。閉店が決まってからの初体験でしたが、こんなことなら、もっと早く食べておくべきだったと後悔しきりな一杯でした。

あ、この日は混み合っていたので、アフターのコーヒー無料サービスは遠慮して退店。同チェーン、閉店までにあと何回来られるかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

コメント

まだコメントがありません。