なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ちゃんぽん 麺大盛」@井手ちゃんぽん 名古屋伏見店の写真4月某日、夜、本日は松本のオフィスでのミーティングの後、明日の大阪でのイベント出張に備えて名古屋泊となるので夕方には名古屋のホテルに移動。その夜ラーに突撃したのはこちらの店。

ちゃんぽんと言えば長崎名物であるが、こちらは佐賀県発祥の「井手ちゃんぽん」が名古屋に初出店した店舗と言う事。佐賀本場の味を名古屋で堪能出来るという事で、チャンポン好きとしてマークしていた店である。

19:00着、先客11名、券売機(メニュー写真)にて腹ヘリなので‘ちゃんぽん 麺大盛’(900円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客3名。地下鉄伏見駅近くにあり、女性客も目立つ。野菜たっぷりのヘルシーなイメージが起因していると思われる。

ところでこの「井手ちゃんぽん」、店内のポスター(井出ちゃんぽん 本店となっている)によると「昭和二十四年創業」とあり、「野菜たっぷり」「うまいスープ」「炒めの技」を謳っている。特に長崎のチャンポンとの違いは判らんが、野菜がボリューミーらしいのは野菜大好きオヤジにはウレシイ。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、豚肉、カマボコ、さつま揚げ、キャベツ、モヤシ、タマネギ、青ネギが、豚骨ベースのチャンポンスープに乗っている。

スープから。チャンポンスープのベースは豚骨と思われるが、どちらかと言えばあっさりとした豚骨で、豚のクサミは全く無く、油浮きがほとんど無いのでサラッとした豚の旨味が味わえる。合わせられたカエシの塩分濃度は適宜で、多めの野菜類からのまろやかな旨味や甘味も交わり、マイルドなテイストの豚骨スープとなっている。サラッとした豚骨と野菜の旨味がすっきりと軽やかな口当たりのチャンポンスープで美味いのである。

麺は断面丸目のほぼストレートな太麺。茹で加減やや硬めが良く、ツルモチとした食感が実にイイ。チャンポンをイメージする麺としてはやや細めの麺ではあるが、ハリもあり、チャンポンスープの絡みも良好で、実に美味い麺である。これは「大盛り」で正解だ。因みに「井手製麺」の麺箱が認められた。

具の豚肉は小間切れ肉でやや少な目もそれなりの肉っ気をアピール。カマボコは薄千切りで柔らか。さつま揚げはイイ味わい。野菜類は多めでキャベツはシャキシャキ、甘味がある。モヤシも良く炒められてシャキシャキ。タマネギも甘い。青ネギも同様。チャンポンにイメージするイカやエビなどの魚介類は見当たらなかった。

スープ完飲。明日の大阪出張を前に名古屋で前泊した夜ラーに突撃したこちらの店での「ちゃんぽん」。それは佐賀県発祥の70年近くの歴史あるチャンポンらしく、あっさり目の豚骨ベースのチャンポンスープにたっぷりの野菜が盛られたなかなかヘルシーなテイスト。あの長崎のチェーン店のチャンポンと比べると、魚介類が無かったり、ややあっさり目のチャンポンスープであったが、スッキリとしていて美味かった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。