なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「期間限定! 冷し肉つけ麺 しょうゆ 大(880円)」@つけめん桜坂の写真さて、この日は実家に行くため、調布から八王子方面に乗車。途中、他の所用もあり聖蹟桜ヶ丘で下車。割と行き着けているコチラの目の前を通ると、何やら気になる期間限定メニューがw その名も冷し肉つけ麺。つけダレは、ピリ辛の胡麻ダレとしょうゆの2種類があるらしいです。本日の夕食に即決!w

表の券売機で、冷し肉つけ麺 しょうゆ 大(880円)の食券を買い、18時過ぎに入店すると、先客多数。カウンターの半数くらいが空いているだけです。退店客の置きみやげを片付けてもらい着席。受け取りに来た女性店員から、しょうゆで間違いないか確認が入りました。同店の極太のつけ麺らしく、たっぷり10分ほどかかって我が一杯が配膳。

麺丼の方より一回り小さい鳴門丼には、ほぼ清湯の醤油ベースのつけ汁に、刻みネギが浮いています。中には何の具も入っていなシンプル仕様。つけ汁は冷製です。一回り大きい麺丼の方には、大盛りボリュームの角断面の極太ストレート麺が盛り付けられた、その上に薄切りの牛しゃぶとキムチが搭載。その脇をルッコラが埋め尽くし、櫛切りのレモンが一つ添えられています。第一印象が、何ともカラフルな一杯ですな。ではいただきます。

まずはつけ汁。ベースとなるのは、鰹出汁に醤油ダレを合せたもので、ほぼ蕎麦つゆ。そこに程よく甘みと酸味を加え、薬味の刻みネギを投下した感じのつけ汁。まさに甘めスッパ目寄せの蕎麦つゆで、サッパリとした口当たりです。ポン酢ほど酸味がキツい訳ではないですが、もう一種類選択できる胡麻ダレが、まったりタイプなのに対するサッパリ仕様なんでしょう。

麺に行く前にトッピングの肉をタレに漬けていただいてみると、まさに、薄切り細切れバラ肉の牛しゃぶ。ただ、薄く広がるタイプの一枚肉ではなく、細切れの寄せ集めなので、ゴソッと塊ごとタレに浸して、パクッと行くしかないのが少し残念。まぁ、価格的な問題でしょうな。

麺は、同店お馴染みの、エッジの立った極太ストレート麺。麺肌には艶があり、ムチンとして破断耐力の高いタイプの、つけ麺専門店らしい麺です。潜らせるつけ汁が、極々ベーシックで味わいに変化球要素の少ない醤油ダレなので、麺本来の歯応えや喉越しが、よりダイレクトに感じられますな。美味しい。

その存在が、なんとなく韓国風を醸しているキムチと、喉の奥の方にほんの少しエグ味を感じるルッコラは、牛しゃぶとともに程よい箸休めとして機能します。

さて半ば。せっかく付け合せてくれている、櫛切りレモンを使いましょう。つけ汁の方に搾り入れるのではなく、麺の上から搾り掛け、この状態でタレに潜らせて啜ると、柑橘系の香りが増して爽やかさな口当たりになります。付け合せ類と行き来しながらサクッと完食。つけ汁はスープ割りも考えましたが、せっかくの冷製なので、そのままグイ飲みして食了。

同店。私の行動範囲のど真ん中にあるようなお店なので、結構な頻度でリピートしていますが、レギュラーメニューに関しては、先日のまぜそばでようやく制覇したばかり。なので、ほぼ月一ペースで更新される期間限定商品を、この先はボチボチと拾って行くのも良いなと感じられた一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

コメント

まだコメントがありません。