なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「小ラーメン(750円)つけ麺変更(100円)ニンニク・アブラ」@ラーメン豚山の写真所用で午後休を取ったこの日。小田急沿線で用事を済ませて帰宅途中。町田での乗り換え時に遅い昼食を取って帰ることにします。ちょうど一年前に同店がオープンしてから、何度か店の前までは来ていますが、その都度、行列に遭遇して断念。この日は15時過ぎという半端な時間帯でもあり、店内には空席もありました。

入店し、入口脇の券売機で、小ラーメン(750円)とつけ麺に変更(100円)の食券を購入。入口傍のカウンターに着席。最初なので素直にラーメンとも思いましたが、少し気温が上昇傾向だったのでつけ麺にしました。提供待ちの客が数名いましたが、同じロットでの調理となったようで、5分少々で「ニンニク入れますか?」に対し、「ニンニク・アブラ」と答え、つけ汁、麺の順に配膳されました。

麺丼に比べて二回りほど大きめな受け皿付きの汁丼には、表面が軽く乳化した感じのつけ汁と、中央部にはノーコールなりのヤサイの小山とアブラ。脇に1センチ厚の豚が2枚とニンニクが載るのですが、豚の方は、関内二郎ばりの@状巻き豚。小振りな麺丼の方には、少し茶がかった色味の平打ち太麺が、モッサリと盛り付けられています。なかなか期待の出来そうなビジュアルですな。ではいただきます。

まずはつけ汁。表面の乳化油層を避けると、その下からは非乳化タイプの豚骨醤油スープが顔を出します。豚骨の出汁感より、甘み寄せながらキリッとした醤油ダレが先行したつけ汁。僅かに酸味も加えられているかな。つけ汁としては、サッパリ感優先で調製されたことがよく判る設計。美味しい。

麺は、茹で上げた後に流水でしっかりと締められたもの。以前よく通っていた、野猿のモキュモキュと音を立てるかのような平打ち太麺を想起させます。ただ、家系並に尺の短い仕様なので、啜り上げる際に麺が途切れずに、顔を上に持ち上げる動作が不要なのは有難いw つけ麺の麺(冷や盛り)としては、過不足のない仕上がりです。

ヤサイは、若すぎずクタ過ぎず、標準的な茹で上がり。ノーコールなのでボリュームは大したことありませんが、上に載せられた白アブラをを塗して口に運ぶと、ヤサイ炒めを食べているかのような芳ばしい香りと味わい。関内タイプの巻き豚は、濃すぎない味付けで、バラ肉にしては脂っ気の少ないもの。もう少し脂を纏ったものが食べてみたかったなw

カスタマイズと言うほど大げさなものではないけど、卓上アイテムに唐辛子や酢があったので、途中でつけ汁にその両方を投入して、ピリ感とサッパリ感のアップを狙います。二郎系のつけ麺といえば、野猿二郎のそれ程度に、ゴマ油の風味や酸味の効いたものが好みなので、ほんの少しの調味料投入で、俄然食べ進めるスピードが違ってきます。残った麺とヤサイ類等、固形物を全て浚い、つけ汁を2~3割程度飲んで食了。

最近は、直系店はもちろん、インスパイア店の二郎系もあまり食べる機会がなく、かなり久し振りの一杯でしたが、食べたら食べたで、しばらくするとまた食べたくなって来るのはこの系統のお約束w 町田から2駅の淵野辺にある、相模原随一の二郎系への訪問の未だなので、この系統の店舗も、訪問予定リストに追加しないといけないなと、思い立つきっかけを作ってくれた一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

NSASさん、
僕もこの店、結構好きなんですよね。
店も小ぎれいでラーメンもJ系の特徴をうまく出しながら、そつなくまとまっていますよね。

まなけん | 2019年5月25日 11:49

まなけんさん、こんにちは。

町田は、コチラが出店するまでは、ぎょうてん屋くらいしかない二郎系不毛地帯だったんですよね。
仰るとおり、店内も綺麗ですし、汁なしやつけ麺もやっていて、重宝しそうなお店ですw

NSAS | 2019年5月26日 03:40