なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけめん(¥500)※」@せい家 蒲田店の写真ワンコインバトル継続中!(※税別価格)

蒲田工学院通りはラーメンワンコインバトルストリート!数件のラーメン店が軒を連ね、ワンコインのチキンレースを繰り広げつつ、フリーライス、またはワンコイン(¥100)以下での無限ライス(お替り自由)の提供で若者の心を鷲掴もうと、日々バトルを繰り広げられております...

コチラ「せい家 蒲田店」もそんなワンコインバトルを繰り広げている1軒です。フランチャイズ店なので、基本どこのお店の価格は統一のハズですが、コチラのお店だけは税込み¥500でラーメンを提供されております(他店は税抜¥500)。

そのワンコインラーメンは頂いたことがあるので、本日は「つけめん」を頂いてみることにしました。ちなみにつけめんについては、他のお店もワンコインバトルの対象とはなっておらず、お店によっては¥680と強気の価格だったりします。しかしながらせい家 蒲田店はつけめんもワンコインで提供されているのはスバラシス!但し税抜価格ですが...(汗)

さて「つけめん」。つけダレとメン、そしてトッピング具材は別皿で提供されます。この平皿のコストを不要にすれば、税込ワンコインでもイケるんじゃないか?とも思われますが... 先ずはつけダレを頂くと、もうこれは紛れもないマタオマ系。個人的には久々に頂きました。かなり距離を置いていたので、それなりにフレッシュにまたお前か!と、ちょっと慣れ慣れしく呼ぶことが出来ます。

ちょっとコクの足りないマタオマ系。コチラのお店の場合、お店でしっかり豚骨スープは取られているので、きっと本日は下振れなんだと思われます。ベースラインを知りませんが... まぁ、ファクトリーメイドのスープで、全くブレないやつよりは面白味ありますがw 続いて麺だけをそのままに。麺はオリジナル製麺ですかね。中太弱ちぢれ麺はチープな感は否めませんが、悪くありません。

続いてその麺をつけダレにズバっと浸けて頂くと、これまたお久しぶりのマタオマ君。鼻に僅かに抜ける魚介のフレーバーもコレと言って特筆するものはありません。トッピング具材の海苔、チャーシュー、味玉ハーフ、メンマ、ネギは、面倒なので一気につけダレに投入します。割と分厚い海苔に感心しましたが、その他の具材については、まぁ、特筆するものもなし... 故にここでクサウマオン!ニンニクと生姜、そして最近お気に入りのラー油も垂らしてクサウマカラチューン!これもイイですね!

具材が無くなったところで、スープ割をお願いすると、豚骨スープをそのまま提供してくれました。このスープが写真で見ても分かる通り(店舗の料理写真としてアップ)、薄い豚骨スープです。それでもスープ割としてはイイ塩梅で、最初は少しずつ入れて味見。でも結局は面倒なので全て投入してスープ割も完飲で完食。ご馳走様でした!

と、まるで素面の様にレビューしておりますが、実際は赤坂見附で呑んだくれて、銀座線で帰宅の途に。最初に目が覚めたのは終点浅草。これはアカン!と思いつつも、そのまま乗ってれば帰るよね?と、また寝入ってしまい。次に気付いたときには終点渋谷。この時は駅員さんに起こされたので、そのまま改札を出て、山手線、京浜東北線と乗り継いで、気が付いたらコチラのお店の前に居た次第です... 全然珍しいことではありません。これが日常です(爆)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

あかいら!さん、こんにちは。

つけ麺もワンコインというのは学生さんにとっては魅力ではありますね~

>気が付いたらコチラのお店の前に居た次第です...
都内を彷徨ったあげく、しっかりここで〆るあたり、蒲田民の鑑ですねw

ぬこ@横浜 | 2019年5月25日 13:28

ぬこ@横浜さん、まいどです!

> つけ麺もワンコインというのは学生さんにとっては魅力ではありますね~

案外、学生は居ないんですけどね(爆)

> 都内を彷徨ったあげく、しっかりここで〆るあたり、蒲田民の鑑ですねw

蒲田民じゃありませんが...(汗)

あかいら! | 2019年5月26日 07:32