なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「東京神保町らーめん昔味 ワンタン麺(細麺 850円)」@麺や 菜かむらの写真会社帰り。自宅最寄駅で下車して、この日は久し振りとなるコチラを訪問することにします。これまでに、もう何度も利用させてもらっているので、未食メニューがあるわけでもないのですが、こちらのいちばん基本的なメニュー・昔味という一杯が、時として食べたくて仕方なくなることがあるのです。この日は、その昔味をワンタン麺でいただくと心に決めての訪問です。

19時過ぎに入店すると、先客数名。で、私の直ぐ後に、常連と思しき後客さんが数名来店。いつも大体こんな感じで、コンスタントに常連客が来店する感じでしょうか。カウンターの一番奥に着席して、東京神保町らーめん昔味のワンタン麺(細麺 850円)を奥様に発注。私などは、せいぜい年に2回程度の利用なので、いつも一見さんのような感じで、奥様も顔を覚えてなどくれませんw 5分かからないくらいで我が一杯が配膳。

白い腰高な切立丼には、濃い醤油色の清湯醤油スープが張られ、水面上に顔を覗かせるのは、加水率の低そうな細縮れ麺。トッピングには部位の違う2種類のチャーシュー、メンマ、ワンタンに小口ネギが配してあります。なかなかに端正な顔立ちの一杯ですな。ではいただきます。

まずはスープ。レンゲを使って口に含むと、ショウガの香りがプンと立ち、独特のピリ感が味蕾で感じ取れ、ファーストタッチでサッパリとした口当りに感じます。これが、二口、三口とレンゲを重ねると、豚骨ベースほどの野太さがなく鶏出汁独特の繊細さに、合せる濃口醤油ダレのコク深い味わいが何とも言えず後を惹いて・・レンゲが止まらない。美味しい。

麺は、低加水仕様の細ちぢれ麺。食感はポソポソとしたものですが、このコクのあるスープをしっかりとキャッチして来てくれます。今味シリーズの醤油に使われる、平打ち気味の中太麺とは全く設計の違うものです。一杯のネーミングも「昔味」ですが、麺のチョイスも昭和のラーメン専門店並の知見。街にチャルメラが鳴り響いていた昔の中華そばって、確かこんな感じの麺を使った一杯だったような記憶・・美味しい。

さてトッピング関係。版の大きい平たく包んだタイプのワンタンが5個入りますが、その餡の調味・調製が珠玉。大陸系の本格中華仕様ではなく、日本仕様の中華テイスト。つまり街中華ならではの、日本人の舌に直接、訴求してくるような味付けなんですな。クセになる味。再開発前の橋本駅北口にあった街中華で、長年調理経験を積まれた店主ならではですな。

何となく、四谷のこうやの雲呑(こちらの方はぷっくりとグラマラスな形態ですがw)を思い出しました。

チャーシューは、バラ肉、モモ肉を使った2種類のチャーシューが搭載されます。いずれも、部位の特徴を生かして、しっかり手間を掛けて作られたことがよく判る逸品。メンマも自家製のサクッと軽い食感のもの。どれをとっても、レベルの高いもの。美味しい。

さて半ばでカスタマイズ。この手の一杯とくればやることは決まっていますw 振りかけるのは、粗挽きのブラックペッパーではなく、パウダー状の白胡椒。この仕上げからして、ザ・ノスラーの極み。掻っ込んで食了。もちろんスープまで飲み干す一杯でした。

同店、駅からは遠くないものの、ちょっと分かりにくい一本裏に入った辺りにあるのですが、提供される商品はもちろん、店主のキャリアなどもあってか、常連客がとても多い店です。なので、偶々そんな客の多いときに当たると、いつ来ても一見のこちらは、何となく疎外感を感じてしまいます。それでも、定期的に(忘れた頃にですが)訪問せずにはいられない気持ちにさせてくれる一杯でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

NSASさん、
このメニューは定期的に食べたくなりますよね。
このメニューの頻度が高いのもよくわかります。他ではあまり食べられないですもんね。

まなけん | 2019年6月5日 06:53

素敵な面構えですね!
昔風タンメンも気になります(^^♪

YMK | 2019年6月5日 08:10

まなけんさん、こんにちは。

おっしゃる通り、このメニューが特に惹きが強いですよね。
この独特のスープもそうなのですが、私が大学時代4年間を過ごした「神保町」の名前も
ノスタルジーを掻き立ててくれますw

NSAS | 2019年6月6日 07:38

YMKさん、こんにちは。

コチラ、昔の文字がメニュー名に入るものだけでなく、全体的にノスラー系のラインアップです。
タンメンも良いですね。久し振りに食べたくなってきましたw

NSAS | 2019年6月6日 07:48