なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製塩+ビール(東京IPA)」@楢製麵の写真東京とその周辺の課題店クリア 37

話題の新店。
モコさんのレポや大崎御大の今日の一杯で興味をもったこちらに,すぐに行ってみた。
直前のとしさんレポと被るような論調で申し訳ないが,まあ私なりにレポしてみる。

代々木駅から5分ほど歩いた場所。
大きな看板はなく,濃い緑に金が吹かれたような渋い壁の色なので,小さく店名が書かれた表札のようなものに気付くのにちょっと時間がかかった。
御大の文章に,「かなり待つので開店前に行った方がいい」的なことが書かれていたので早めに行ったのだが,結局シャッターズは3名のみ。
オシャレな感じのお姉さんが簾を開け,ほぼ時間通りに開店。
店内はコの字型のカウンターのみ。
ちょっと薄暗く,照明,BGM含めてこれまたオシャレ。
店主さんらしき方を含めた男性2名,先ほどのお姉さんを入れて,3名での営業。
お揃いのポロシャツを着ていた。
後開会式。
メニューは,塩,醤油,鶏白湯の3種で,基本は筍のみチャーシューなしの素ラーメンタイプ。
特製はトッピングは豪華だが+650円という究極の選択。
やっぱり拘りの肉は食べてみたいので,特製を選択することになる。
塩特製は1350円也。
こんなオシャレな雰囲気だとビールもいただきたくなるのが人情。
生はキリンブラウマイスター700円,その他,600円の地ビール小瓶。
激しく迷ったが,オシャレな瓶の「東京何ちゃら」をいただくことにした。
3種あったが,青緑のラベルがカッコいい,「IPA」とか言う謎めいたやつを。
計1950円也。
まずはビールとグラスが登場。
二重ガラスのグラス……初めて見た。
注いでグイッとやる。
柑橘系のような華やかなポップの香りと苦味,コク。
確かに上質な拘りビールという感じだが,量産ビールを飲み慣れた口には,良さがイマイチ響かない感じもある。
エビスの小瓶200円の店もあったしな……。
半分ほど飲んだところで提供されたのは,中央に置かれた筍が印象的な,流石に豪華に肉が盛られた一杯。

まずは物議を醸している麺。
「打ち立て・切り立て・無添加・化学調味料不使用・無塩無かんすい麺」だそうな。
「うどんの進化系」と自ら謳っているが,確かにうどんとはちょっと違う。
打ち立ての影響なのか,熟成された麺という感じではなく,気泡を含んだようなザラボソ感。
かといってボツボツと切れるわけではなく腰は強い。
うどんとも言うよりもラーメンの麺っぽく感じるのは,インスタントのフライ麺に通ずる感じがあるからかな。
誤解を恐れずに書くと,NISSINのC.N.の麺を丸くして固茹でした感じ。
まあ面白いことは面白い。
スープも当然無化調。
優しげに伝わってくる旨味は鶏ベース,多めの昆布が支えていると思われる塩清湯。
ガツンと言う感じがなく実に上品だね。
薀蓄によると,「山形県産,信玄鶏と鳥取県産,大山鶏2種のもも肉,手羽先,ガラ」を使用し,「北海道産羅臼昆布」を使った出汁を合わせているようだ。
具は,ねぎ,豆苗,タケノコ,味玉,3種のチャーシュー。
タケノコは「鹿児島産無添加真竹」とのこと。
先の部分だけなので,仕入れ価格も張るだろうね。
高級和食のような上品な味付けで,間違いなく美味しいには美味しい。
味玉はかなり薄味。
「レモン色の黄身が無添加の証,栃木県産手飼い鶏の有精卵」を使用したということだが,黄身が確かにレモン色。
濃いオレンジ色の黄身の卵が上質なのかと思っていた。
うーん,よく分からない。
チャーシューは,鶏ムネ低温調理,豚肩ロースのロースト,豚バラの3種。
書くのが疲れたので,それぞれの肉にまつわる薀蓄は割愛するが,どれもやや薄味で,肉自体の良さを楽しむようなチューニング。
味玉分を考えると,肉だけで500円分くらいだと思うが,薀蓄をよく読めば納得する方も多いかもしれない。
麺量は150gほどだと思う。

まあ,「意識高い」の一言で片づけるのもどうかと思うが,自然にそんな思いが浮かぶ。
こだわりの詰まりに詰まった一杯であることは確か。
ただ,どんな素晴らしい芸術も,それを受け入れる対象がいないと価値がない。
これは果たして広く受け入れられるのか?
ビールの感想で表現したことを,ご本尊にも,いや,店自体にも感じた。
俗な私にはイマイチ響かなかったし,麺は多くの方はダメだと思うが,新しいものにチャレンジしようとする思いを評価し,標記の採点としておく。

投稿(更新) | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どもです。
麺を食べてみたい!
皆さんの評価される話題の麺に
興味津々(#^_^#)

ラーするガッチャマン | 2019年6月13日 07:51

直ぐに行かれるだろうと思っていました。
提供の遅延はもう無いようですね。

物議をも生み出す独創性が素晴らしいです。
あとは、受け取り側の好みと評価ですね。
参考になりました。

おゆ・Sometimes | 2019年6月13日 08:10

おはようございます
だいぶ変わってる麺みたいですね。
見た目は豪華絢爛。
多分自分にも響かなさそうですが、どんな味わいか気になります。

あらチャン | 2019年6月13日 09:56

こんにちは☆

デフォと特製でかなり金額が違うんですね。
かなり拘りがあるようですし。
これは食べてみないとって感じでしょうか。
機会があれば是非いただきたいですね。

ノブ | 2019年6月13日 10:29

皆さん行かれてますね。
卵の黄身は食べている餌の色素で色が変わります。
なので薄くも濃くも出来るそうです。
とうもろこしが餌の主原料なので薄い黄色の様ですね。
赤い色素を混ぜると色濃く仕上がるみたいですよ。

がく | 2019年6月13日 14:42

こんにちは。
麺が独特なんですね〜
今後に期待したいです。

kamepi- | 2019年6月13日 15:19

こんにちは。
としさんのレポも今朝見ましたが、麺が個性的のようですね!一度行ってみたいと思いますが、行った際はやはり肉も食べたいので、特製ですね。ビールつけたら2000円(>_<)

poti | 2019年6月13日 17:43

こんばんは(*^^*)

仰っていた通り、ほぼ同じ感想を持たれてましたね。
万人受けを狙うより、こういうチャレンジャーが
出てくれるのはウェルカムですよ。

としくん | 2019年6月13日 20:10

RAMONOIDさん、
ここ気になっていたんですよね~。個性という意味では抜群ですし。
でも評価は微妙ですね。この内容だとBMはちょっと待ってみようかなって感じです。
値段も値段ですし...

まなけん | 2019年6月13日 21:13

こんばんは!

タケノコの存在が、際立ってますねェ〜
うどんの進化系麺も、面白そう。

後輩が近辺にお客さんを持ってるんで、今度行ってみるように進言しときます。

こんにちは。

新店突撃ですね。
チャレンジャーな感じの麺ですか。
中央の筍の存在感がいいですね。
土浦のお店の詳細、ありがとうございました。
自分も500円券、有効活用します。

ももも | 2019年6月13日 22:40

こんばんは~
今日行ってきました♪
自分的には麺よりスープが印象に残りました。

銀あんどプー | 2019年6月13日 22:45

わんばんこ!

なにやら○ら寿司みたく無添加アピール強めな店ですが、卵の黄身の色は餌に由来するのでレモン色=無添加と短絡的に言われちゃ養鶏場は堪りませんなw しかも添加物で黄色み出すなんて時代錯誤もイイとこ 
こういう固定観念の薀蓄好きお店はチョッチ敬遠してしまいまするw

ふじみ野1stさん | 2019年6月14日 02:43

RAMENOIDさん おはようございます^^
同じような印象ですね。やっぱりこの麺は
中々厳しいと思いますね。
また色々研究して変わって行くでしょう。
またそれが楽しみです。

mocopapa(疲れ気味) | 2019年6月14日 06:30

こんばんは.
めずらしく大崎さんのレビューから残念な感じが伝わりました.かえって気になりますね.

Paul | 2019年6月15日 10:35