なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「わんたん焼豚そば(塩)1,150円」@支那そば なかじまの写真スープ:魚節と動物のいいとこ取りの旨味劇強スープ。適度な油が旨味を閉じ込めています。揚げ葱がいい香り付けで後引く美味しさです。完飲しなければ勿体ないとすら。

麺:中細麺で粉感と加水が半々、万人受けしそうなもの。茹で加減はやや柔目で、もうちょい硬めが好みですが、前後で茹で指定している人はいませんでした。スープの持ち上げは最高です。

トッピング:わんたんは、ペラペラなものではなく、立体系の餡を包んだ食べ応え充分なもの。生姜が効いていて美味い。敢えて「焼豚」と謳うチャーシューは、文字通り焼豚感。220円でこれを増しにできるのはかなりのお得感。贈答用の焼豚をさらに旨味と柔らかさを強くしたもの、と表現したらいいのかな。その他、自家製と思われるメンマも主張しすぎない穏やかな旨さ。と海苔1枚。

開店当時に伺って以来、久々にいただいた一杯。ラーメンでフルコースを味わった感は桐生市の芝浜さんと双璧です。
かつて同県赤堀町にあった、佐野実氏のお弟子さんがやられていた支那そばを想起させる一杯をいただきました。一杯のインパクトとコスパでそのお店を凌駕こそしないものの、間違いなく群馬が誇る支那そばの名店だと再確認しました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。