なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「(しょうゆ)とんこつらーめん大」@増味家の写真7/12 17時30分頃に訪問。


 仕事の関係でしばらくの間太田へ通っていますが、2週目終了のご褒美として帰りがけにこちらへ寄りました。入店直後に目の前に現れたメニュー表が提示するのは驚愕プライスの品々です。とりあえず席を確保し、お冷が運ばれたタイミングでオーダーを済ませます。今回は標記としてみました。お値段は550円と、近頃ではありあない価格設定になっています。しかも「並」「中」「大」全てが同一価格というおまけ付きです。


 丼!!
 まさかのJ系で、横からの眺めは軽く小山を作り上げています。

 スープは名称としては「とんこつ」ながら、豚ガラ主体の非乳化系です。一瞬ノスタを感じたような気もしますが、スタイルは全く別物です。若干クセのあるテイストと、香味野菜の存在は好みが分かれるかも知れませんが・・・。たっぷり目に振られたごまがまた馨しいです。

 麺は極太強縮れの平打ち手打ち麺です。滑らかな舌触りの後に襲うガッシリとした食感は想定外のジャンク度になっています。喰らっている感の強い非常に個性的な麺です。手打ちにも関わらず、何故かこのスタイルにもしっかりと合っています。そしてもう一つ想定外なのは、そのボリュームです。場合によっては連食をと考えていた気持ちを圧し折ってくれました。

 具はチャーシュー、メンマ、海苔、そして野菜の小山とどう考えても価格不相応な顔触れです。
 ややパサながらも柔らかな食感のチャーシューは脂身も少なめで好印象です。
 ボリュームの一端を担っている野菜の山はもやしだけでなく、タマネギやら水菜やら、かいわれやらワカメやらとなかなかな感じになっています。


 パワフルな麺をパワフルなスタイルで喰らわせるガッツリ系の一杯です。
 何よりも異次元レベルのCPが成立している理由が分かりません。

 最後の最後で煙害に見舞われたのが残念でなりません・・・。(-2点)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。