なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「地鶏 (醤油) 750円 かつおぶしご飯150円」@自家製麺 純の写真2019 7日曜 10:45

【地鶏と自家製麺】

京成立石駅で下車。線路を挟んで南口を出ると
右手にアーケードの商店街があるが?
線路沿いに真っ直ぐ歩く。
道沿いに右手に曲がる所に?シャッターが締めらた店舗。
開店前だと思われる店舗のポストを確認すると「自家製麺 純」さんだ。
2019年6月19日オープンの新店だ。

意外に早く開店15分前に到着してしまう。
道を挟んで厳かな諏訪神社が鎮座。
神社のベンチに座わっているのは先客らしいが?
開店前には待ち4名。
定時に暖簾が出され開店。

真新しいオシャレで清潔な店内は、
カウンターのみの10席。男女3人で営業です。
カウンター右手奥には製麺室だ。
チャーシューの低温調理中か?寸胴が見える。

メニューは、定番の地鶏醤油と塩に煮干しの3本柱。
なぜか?煮干しは100円安い?
限定は地鶏白湯とウニといくら冷製和え麺。

地鶏の塩が旨そうだが、何故か?
券売機で地鶏の醤油とライス(日替り)をポチりと。

程なくほぼ揃って到着。

スープは、地鶏の旨味はジンワリで穏やか。
地鶏ブランドの表示はなく産地などは不明?
出汁感は薄く感じ醤油がキリリと主張。
鶏油が多めに浮かぶオイリーさがコクを出す。
魚介は皆無、醤油と鶏油の上品な風味が広がる。

自家製の麺は、中細のストレート。
ボソバツとした低加水の食感だが、粉の風味が漂う美味しい麺だ。相性がよい。
張り紙には「春よ恋」の文字があったが?
ブレンドなのか?100%なのか?記憶が曖昧^_^;
日により配合も変わるようだ。

チャーシューは、豚、鶏、団子の3種類。
低温調理の豚ロースは厚めにカット。
切れ端だったのか?裏が黒ずんでいて少し硬めで残念。
鶏むね肉は薄味でしっとり柔らか。
大葉が仄かにアクセントの鶏団子は柔らか目。旨い。
穂先メンマ、海苔。薬味は青ネギです。

日替りの?ライスはかつおぶし御飯。
薩摩産2年物の本枯本節がふんわり、風味が漂う。
味玉半分付き、青ネギが少々。
後半スープをかけて共に完食。


醤油の主張もあり?地鶏の旨味は余り感じられなかったのが意外だった。
塩にしなかったことに少し後悔?次回は…。
煮干しも気になる。

◆ハッスルの佐野らーめん図鑑
http://www.hashurukage.pw/

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは
鶏が上手く出せなかったんですかね。
結構安いヤツが美味かったりしますから。
低温調理やら自家製麺とかやってるのであれば、どんどん向上して行きますよね。

あら休 | 2019年8月5日 10:54

あらチャンさん
ありがとうございます
鶏的な旨味は?醤油が主張した上品でバランスはよい味わいでした。もう少し旨味がほしい印象でした。

ハッスル | 2019年8月6日 00:28