なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「小ラーメン、豚」@ラーメン二郎 八王子野猿街道店2の写真平日1035分 シャッター9名に連結 回転までに僕の背中には15名の猛者達が列をなし。女二郎も複数名。久しぶりの野猿。

小ラーメン(750円)豚(200円)

食券をまず始めに買って列にて待機。つけにしようか悩んでいたところズンズン後客さんが来たのでズビッとスタンダード発注に切り替えた。
本日は店主さんとアシさん1名の2名体制。残念ながらfirstロットには入れずsecondサーブ、1125分に丼着。コールはニンニク。豚追加しているから、野猿でヤサイをコールできる歳じゃなくなってきた昨今が悲しい。

が、結果それが大正解。今日の豚も神豚で半端なく美味かったが、今日の豚も半端ないサイズで、丼着時に思わず笑ってしまった。そう、久しぶりだとデカいとわかっていてもその重量感をわすれてる。一切れ(1塊)が箸でもつには重すぎるくらい、こぶりのポークステーキくらいなやつがズズズン、と5枚(塊)。やわらかでブチュリとかんだら弾け飛ぶ肉と脂のファンタジー、ため息でる美味さだが、一塊でわかった。止まるともうやられる。とても一口ではおさまらないので、4口くらい、それでもかなりガブリとで何とか1塊を食らう。うーん、肉のドストレートな美味さが脂をかいして爆発。からのヤサイ、うんめーー。でも、気を抜いた瞬間に逆に肉に食われるベビーさ、、、ふぅ。
太ごりごり麺、うーーん、オーーシャーーーン、な豊かた風味とお味。やっぱ野猿の麺はうますぎる。序盤は天地どころか麺あげすらできないヤサイと肉の重量感なので、顔と口で食らいにいく。ヤンチャな食いかた。そんな食いかたしてる自分が嬉しい。
勿論麺量も半端ない。絶対400じゃないだろ?そう思える物理量だけど、美味いから止まらないし、だんだん泳がす隙まが出来てきたらそこにニンニクを刷り込んでバグつく美味さ。
幸せだ…。

ど満腹、終盤戦は豚の脂身を避けてかぶりついていたような軟弱な自分に野猿の資格なしと烙印おしたい気分だったが、帰り道駅まで歩いていたらまだまだ食いたい、二郎ーズハイモードに。

今日も最高にうまかったです。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。