なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン ¥520」@おたふく食堂の写真2019.01.27

食堂芸人のランディです。

本日は千代田町の未訪店へ。
実は石田食堂がお休みだったのでコチラを選択。

12:28入店。「いらっしゃいませ~~。」活気あふれる店内に、フロア担当の女性が3名でお出迎え。先客は6組17名と、かなりの入り。ほとんどの方が、作業着姿の働く男。飯を掻っ込む姿がカッコイイ!
入口付近のテーブル席に陣取り、壁のメニューをチェック。お冷を運んで下さった店員さんに、デフォの“ラーメン”をオーダー。

後客が4組6名来店された、15分程掛かって“ラーメン”登場。

先ずは、琥珀色のスープから。
ジュルルルルル~~。ウオ、旨味・塩分しっかり。
ベースはかなり煮込まれた鶏ガラ。鶏のコクはきちんと感じますが、若干、草臥れたような風味も。そこに、きっちり塩分と調味料の旨味。極端にショッパクはないのですが、じわじわと来るクドさ。カエシの醤油感(風味・味わい)はそれほど感じず、少し酸味がチラホラ。
非常に分かり易い美味しさ。濃いめの味わいは、まさにご飯のお供。おかずになるラーメン。

お次は、細縮れの麺を。
ゾゾゾゾゾゾ~~。ウン、ウンマイw
細さと縮れの心地よい口当たりに、ツルツルの舌触り。シコシコした歯触りに、歯応えには優しいモチモチ感。喉越しで感じる麺自体の旨味。
かなり好みなタイプの仕上がり。

具には、メンマ、ワカメ、チャーシュー、ナルト。薬味のネギ。
柔らかく微かな酸味のあるメンマ。甘味・旨味の濃い仕上がりで、こちらも御飯に合いそうです。
磯の香りが良い箸休めのワカメ。食感には特筆はなし。
モチモチホロホロの絶妙な柔らかさのロースチャーシュー。カエシはきっちり染み込んでいて、当然、御飯が欲しくなります。
ナルトはフワフワ柔らかで、味わいもキチンと感じられるもの。
クドさ増す一杯の中で、貴重な清涼感のネギ。ネギ自体もシッカリ美味しいもの。


本当に旨味が強い。
かなり濃いめの味わいに、後半かなりの飽き。

たまたま、近くに座ったお客が“ラーメンセット 唐揚げライス(¥800)”をオーダー。フルサイズのラーメンに、大盛りの御飯。こぶし台の唐揚げが3つに、キャベツの付け合わせ。香の物、冷奴まで付属する、超ボリューミーな組み合わせ。
御飯、おかず、ラーメンの無限ループを見つめていると、このラーメンのポジションは、そこが定位置なのだと、改めて確認。
まさに、食堂ラーメンたる食堂ラーメンを見ゆ。

あ、ちなみに昼食後にはアイスコーヒーが全員サービスです♪

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。