なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チョコレートらーめん ¥561」@幸楽苑 太田店の写真2019.02.05

バレンタインデーキッス♪
お久しぶりです、メッセンジャー黒田です。

元旦をしっかり休み、気でも狂って変なアイデアでも浮かんだのか、なんと幸楽苑が“チョコレートラーメン”を提供。
逝ったれ! 逝ったれ!

14:09入店、幸楽苑自体10年ぶりの訪問。「お好きな席へどうぞ~。」池谷のぶえ似の店員さんがお出迎え。入口付近のカウンター席に陣取ります。
メニューを見るまでもなく。卓上に貼られた“チョコレートらーめんの”POP。不味そうな画!
そこに書かれた謳い文句を信じ、池谷のぶえにオーダー。

待つこと10分、当然チョコの香りの一杯が登場。
やばい…、具のチョコが溶け始めている…。

善は急げ! 急がば回れ!
慌てながら、先ずはスープから。
ジュルルルルルルル~~。ん…、想像の範囲内…。
幸楽苑の醤油スープに、甘くないチョコを少し混ぜただけ。そのまんまな味わい。カカオ臭い小豆を頂いている感じ。コクと言うよりも喉越しでクドさが増しているだけ。
旨くはない。
二口目からは、カカオオイルの主張が増し、醤油スープは塩分のみの存在に。ペヤングチョコレート焼きそばを完食する私には、序の口。ジョコビッチ。

お次は中細の縮れ麺を。
ツルルルルルル~~。お、不思議にチョコが絡まない♡
幸いなことに、意外にチョコが絡まない麺。ツルツルの口当たりに、モチモチの歯応え。心地よいプリプリの弾むような食感は、高加水、長熟成? それともなにか添加物?

具には、メンマ、チャーシュー、ナルト、板チョコ。薬味の生姜、ネギ。
薄いカットのメンマは、柔らかさに少々ばらつき。チョコ効果か、甘味が増している様な、いないような…。
2枚投入されたバラ肉チャーシューは、ザクザクした歯触り。カカオの良い香りのせいで、脂身の臭みが激増。ん…、残念…。
チョコの影響でナルトに感じるは、フカフカの食感のみ。
さて、板チョコをスープに溶かすと、一欠けらなのに、壮絶な破壊力!既にカカオオイルが掛かっているにも関わらず、更なる激しい甘味、クドさが押し寄せます
ただラーメンにチョコが乗ってるだけの味わい。全く合わない。果てしなく、不味い。兼高かおる世界の旅。一部上場企業がやることじゃない!ある意味感動。やるな! 幸楽苑!
チョコを何とか打ちのめす生姜。ただ融合感や協和性は全くなし。世界平和は程遠い…。
刻みネギも美味しく感じるのは、私の中で何かが壊れたから?


やった! 幸楽苑!! 惚れてまうやろ~~!
久々の脅威。ここまで来たら、とことんやって頂きたい。

こらぁ、くえん…。
今後も期待しております♪

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは。
サイコーですね!
武蔵よりもいい色したスープ。
ただ、チョコ100%ではなさそうですね。
チョコフォンデュ的スープで頂きたいですw

プリティ | 2019年8月18日 21:07