なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけ麺 大盛」@中華そば 竹むらの写真1250分 前客6名 後客10名(前も後も団体客が多かったのはたまたまか?)

権之助坂のラーメン激戦区一角。お若めのご亭主さんに女性店員さん、立ち振舞いビシッとされつつ、親しみやすい接客、一発で常連になって親しくなれたら楽しそうと思える雰囲気。

中華そば、あご煮干しそば、つけ麺の三本柱。清湯醤油系のつけ麺が食べたい気分で伺ったこともあり、

つけ麺、大盛(900円)を。

店内、ふわりと出汁のにおいが薫る。鶏、昆布、椎茸などなどの旨味成分磨かれた良いにおい。うん、間違いなく美味しい。これだけでよくわかる。

つけ麺は茹で時間の関係でそばものより提供に時間かかるが、10分強で丼着。
熱っっっ!つけ汁カンカンに熱いじゃないか。想像より高めの温度に驚いたけど、うーん、これは美味しい。表面鶏油の油膜がよく目立つくらいしっかり層をなしている。麺をとっぷりと浸して吸い込むと、醤油だれの塩気と油のコクがまずビシッと、その後にまさに鼻で味わうように良い香りが抜けてく。その香りの味わいは豊潤そのもの、大山どりを使われているとのことだが、とても上品にかつまったりまろやかに鶏だしの美味しさがよくでてる。
麺は平打ち中太麺。甘味は十分にあるけれど、麺そのもののクセや風味はおさえぎみ。だからこそつけ汁とのマッチングで喧嘩しないし相乗のバランスがいい。大盛にして良かった。グイグイ進む。そもそも好みだこの麺にこの味、美味しい。
具材の極太メンマはほっこりと甘くゴリッゴリと、たっぷりのたべごたえ。でも柔らかい。これ三本でビール一本空いちゃうよ。
レアチャーシューは、口の中をリセットしてくれるようなすっきりテイスト、とても綺麗な仕事。お肉の味そのままが引き出されているので、良い意味で余計な味がなくていい。

ゆっくり味わいたかったが、グイグイ進む箸と、急激にドカドカッとやってきた団体客さんへの配慮も考慮し(してなくてもあっという間に食べちゃったけど)早めにスープ割りに移行。卓上にポットでセルフアレンジスタイル。…お?冷??これは驚き。始めの熱さとは反対の、終わりの冷たさ、やられた。なかなかの演出家。ポットである程度割り出汁入れて飲んでみたら冷やのスープに。なるほど、夏場は嬉しいかも。
帰り際お店入口に今更ながら無料のアイスコーヒーがあったことに気がつく。あいたー、飲みたかったかも…。混んできたし今日は撤収するも、他の柱も食べてみたいのでまた伺います。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは。
「の」の字のなるとが可愛いですね♪
ワタシも後客ガヤガヤは苦手です。なんか焦っちゃう。

あたと_13号 | 2019年8月23日 21:06

あたとさん、そうそう後客ガヤガヤにすっかり急がされちゃって
なんか少し不完全燃焼でした…。
てか、カウンター10席ないお店に、6人で来るとか、ちょっと常識疑いましたわ

スージーのなのなQ | 2019年8月24日 20:46