なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「しょうが焼き定食、らーめん(小)」@らーめんとしょうが焼き あの小宮の写真11時 前客0、んんん?この時間に0?後客は退席までに6名様。
ラーメン好きフリークにはお馴染み、あの小宮さんはTetsuの創業者小宮さん。起業家としてのマネジメントや時代を創る手腕は本当に素晴らしい。どこかの記事で読んだけど出店立地は厳しく選ばれてるとのこと。今はあくまでプロデュースに徹してらっしゃるだろうけど、ここの立地もえげつない。渋谷の超一等地、だけど、時間帯なのかな?お味もサービスも素晴らしい、行列になってても全然不思議じゃないけど、こんなにゆったりスルスル頂けるのはフリーク的には嬉しいが寂しくもある。ただこの場所もう何十年も渋谷に通ってるけど初めて来た。好立地ではあるけど、人の流れとしてはこの時間じゃないのかもしれない。

事前に調べていたメニュー構成とは変わっていてチト迷う。しょうが焼きとたれ中華の二枚看板と認識してたが、しょうが焼き推しは少し大人しくなっていて麺推しのメニュー見た目。でも、やはりしょうが焼きも食べねばと

しょうが焼き定食とらーめん(小)、定番だと990円~ スタミナだと1150円。オーダーはそのスタミナにて。

ちょうど席の近くで店員さんが鰹節を削られていた。波切節とのことだ。削りたての鰹節ってほんと風味が高い。うーん、それがのった、たれ中華やっぱり食べてみたかったなぁと思っていたら丼着。

すっとした清湯醤油、醤油だれのキレもよく、ビュッと真っ直ぐなストレートのような、スパンと入ってくる味。そこからじわりじわりと染みてくる。
中太平打ちドリドリ麺、このドリドリ加減美味いわ~~。しっかりとブリ度の弾力もありスープ吸いつつピチピチブリブリなフレッシュさ。なんとなく方向的には喜多方方面を感じさせるスープと麺のバランスかもしれない。ただ、これはラーメンだけど、推し麺は煮干しそばや豚骨そば、勿論たれ中華も。どんなテイストになってるんだろう、気になるわ…。
さりげなくのった具材も一流の美味しさ。メンマこりこり柚子の香りと共に。…うわ、チャーシューうんま!脂のはけもよくてとろけつつダイレクトにお肉の芳しい味が大洪水。このチャーシューメチャメチャ食べたい。うーん、なるほど次のメニュー選びができてきたぞ。

しょうが焼きは、ふわふわ新食感、という新しさ感がわかるほどしょうが焼きを今まで食べてきていないからわからないが、スタミナにしたこともありゴリッとパンチきいたご飯の進むやつ。デフォルトですでにこんもり盛られたご飯、はい、進みます、進みます、止まりません。先に食べたラーメンのスープがこのしょうが焼き定食のスープ代わりとなり、一休みしつつの飯をくらいまくる。
始めの一杯でもまぁまぁな量だけど、おかわり自由といわれてしないわけにはいかない。白米か一五穀米の炊飯器がテーブルに置かれており、セルフでおかわりし放題スタイル。いやっほぅぅぅーーー。
卓上に何気なくおかれてる辛ニラと味付ききくらげ、いやいや何気なくレベルじゃなくこちらも美味い。おかわりした一五穀米にしょうが焼き一本ではなく、それらも新たなおかずとして食らいまくる。なんとなくおかわりもこんもりと盛ってしまったけど、余裕で完食。
ふぅ、食べた食べた。。。こういう満腹の幸せは満足度高くなるよなぁ。まだまだ宿題メニューがある。また伺います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは。
渋谷の一等地でこのボリュームは素晴らしいですね。
ワタシは渋谷なんて全くの素人ですのですが、
こう言う優しい店ばっかりなら行きやすそう。

あたと_13号 | 2019年8月24日 21:51

あたとさん、小宮さんの色々な思いが感じられるラインナップでしたよ。
しかし、いわゆる109メンズ館だったとこですからね
なかなかの攻めですわ笑

スージーのなのなQ | 2019年8月28日 01:43