なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:00少し前に訪問。先客6名後客5名。店内は小ぢんまりとしており、段差もあり。L字型カウンターのみが設けられている。それでも窮屈さや不潔感は無く、居心地は悪くない。男性2名女性1名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。中盛、大盛はランチタイム無料との事。さらに、柚子を入れて良いか訊かれて首肯。
暫く待って配膳された。

麺は、平打ちのストレート中太麺。綺麗に畳まれて供される。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感と、噛み切る際の適度な抵抗感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。つけ汁との相性も申し分無し。
量は、大盛だと十分以上に多かった。

つけ汁は、穏やかな色合いに茶濁。程々のトロみが感じられる。
麺をつけて食べてみると、動物系、魚介系の出汁感がしっかりと主張するが、特別に濃厚という訳では無く、上質感が打ち出されているという事も無い。率直に申し述べて、チェーン店レベルのクオリティだと思う。
タレの立ち方、塩分濃度は適度。過度のトガりは無いものの、何ら不足の無いキレがもたらされており文句無し。この系統らしい甘みも嫌味にならないレベルで感得され、味わいを深めている。
途中、カウンター上の一味唐辛子を多めに加えると、味を引き締めて中々良い味変に。
最後、スープ割りして貰い、ほぼ完飲した。

具として、麺側に盛られる鶏胸肉2枚は、低温調理によるもの。瑞々しさを伴う表面性と適度な歯応えを有しており、良質の肉の旨みがしっかりと感じられる。控えめな味付けもマッチしており美味。
味玉は、黄身ゼリー状の仕上がり。濃厚な味わいで、実に旨い。
他に、海苔1枚が添えられる。
つけ汁には、小さく刻まれたチャーシュー、平べったいメンマ、適量の刻み玉葱、やや多めに感じられる柚子皮が入れられており、特筆すべきものは無いものの、いずれも無難に調和している。

「平凡」としか形容のしようが無い濃厚豚魚つけ麺。個人的には嫌いな系統でない為、それなりに楽しむ事が出来たが、一般的には、清湯系のラーメンを食べるべき一店かもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。