なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らーめん620円 吊し焼き1枚100円」@一乃胡の写真2019 9日曜 11:25分

【移転オープン】

オープン日の先週は、整理券で2時にとの事だったが?予定時間よりかなり待つ事になるので諦めた。

本日は開店少し前に到着。
「一乃胡」(いちのえびす)さんにお邪魔した。
駐車場は数えたら21台。広くなったがほぼ満車。
奇跡的に一台だけ空いていた[軽]に駐車。
開店待ちは何と?4、50名。予想以上の人気だ。
ウェーディングボードに記名、定時に開店。
先客は順に呼ばれて店内へ。
取り残された人は、記名を数えると18名。
店先のベンチに座りゆったりと待つ事にした。

回転はあまり良くないのか?1時間位で入店。
先日開店した「青竹手打ちラーメン 麺や大山」さんなどの胡蝶蘭が飾られている。
真新しい店内はカウンター4席、テーブル席4卓、小上り席4卓。男女5人で営業です。

メニューは、定番のらーめんに、チャーシューメンは煮豚と吊し焼きがある。
人気のごまらーめん、ラー油らーめん、ごまラー油など。
定番のビッグな餃子は3個と5個があり。

以前の店鋪に訪れた1年前に比べ?
らーめんと餃子も4、50円の値上げだが?
以前は安す過ぎた印象だ。

券売機はなく口頭での注文。
定番のらーめん。
吊し焼きチャーシュー1枚のトッピング。
餃子は5個をお願いしてみた。

少し待って?らーめん、餃子の到着。

スープは、鶏豚の動物系に鰹節などの仄かな風味。
香味野菜の生姜が隠し味のおぐら屋直伝の優しい味わい。
醤油ダレは、以前より薄味になり円やかになる。
醤油の尖りがなくなり?塩梅もよくなり?
かなり好みの味わいだ。

自家製手打ちの麺は、太めの縮れを伴う平打ち。
やや幅広気味で結合密度が高い滑らかな舌触り。
モッチリした歯応えと同時にツルツルした喉越しと共にスルスルと吸い込まれる。旨い!

チャーシューは、バラチャーシューが1枚。
じっくり煮込まれた煮豚はかなり分厚い。
8ミリ位はあるか?トロホロとして旨い。
トッピングで試してみた?吊し焼きは肩ロース。
薄味で香ばしいが、硬くて筋っぽく食べにくい。
価格安い定番の煮豚に軍配。
薄味のシャクシャキのメンマ。
薬味は、かいわれ菜に長ネギがよいアクセント。

餃子(5個)は450円也。
佐野サイズのビッグサイズ。焼き目が食欲を唆る。
厚めの皮はモチモチ。
餡はキャベツや野菜たっぷりで薄味たが仄かなニンニクがよいアクセント。
羽付きの焼き目は香ばしくて美味。
焼き立ては特に旨い。


おぐら屋直系。兄弟店の大金さんが移転した後地で営業していたが?
この度新築の新たな店鋪で移転オープン。

定番のらーめん、ちゃーしゃーめん。
ボリューム満点のちゃーしゃー。
おぐら屋の味を継承しつつ、独自の進化。
おぐら屋の賄いだったごまらーめんは人気商品。
餃子もボリューム満点で、お客は耐えない。
佐野にまた一つ大型の行列店?
移転後に空いた店にも目が離せない?

◆ハッスルの佐野らーめん図鑑
http://www.hashurukage.pw/

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは
自分も行きました。
移転前に一度フラレて行けずじまいでしたが、新築になって行ったら絶品でした。
夜の部でまた違った味わいなのでしょうが、佐野ラーメンで一番気に入ってしまったかもしれません。

あらチャン | 2019年9月19日 23:19

あらチャンさん
ありがとうございます
行かれてましたか?休日の昼はスゴい事になってました。
醤油が少し薄味になり、コクも確り。
自分も以前より美味しく感じました。
おぐら屋と少し違った独自の挑戦も好感がもてます。

ハッスル | 2019年9月20日 02:09