なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:55頃訪問。席は半分弱の埋まり具合。店内は適度なスペースを有しており、長めのカウンターの他、テーブル席も設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男女各1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、平打ち気味の多加水ストレート中太麺。綺麗に畳まれて供される。
食べてみると、茹で加減、締め具合は良く、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感と、噛み切る際のグニグニという抵抗感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。つけ汁との相性も申し分無し。ただ、明らかに麺が長過ぎて、食べ難い点が気になった。
量はつけ麺として適度に多め。十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、醤油の色目が強めに出ている清湯。表層を厚い鶏油層が覆う。
麺をつけて食べてみると、鶏のコクと旨みが前面で力強く主張。鶏油の果たしている役割が非常に大きく、分厚い旨みを存分に堪能する事が出来る。如何にも今風と言うか、昨今ありがちな味わいだ。
一方、見た目通り、醤油感も豊か。力強いキレを生み出しているが、塩分のトガりは気になるレベル。
また、昆布も効いているが、醤油感と巧妙に一体化している印象。
最後にスープ割りを頼むと、昆布感が強調されて中々旨かった。

具として、麺側に盛られるチャーシューは、豚ロース肉と鶏胸肉が1枚ずつ。いずれも低温調理によるもので、シットリと仕上がられている。控えめな味付けもマッチしており美味。
味玉は、固茹でに近い仕上がりが残念。昆布出汁による味付けは良いのだが。
穂先メンマは1本。適度な食感、控えめな味付けで良い箸休め。
つけ汁には、刻み玉葱とカイワレが浮遊。前者の風味と食感は、非常に良いアクセント。

最近、ありがちなタイプの醤油清湯つけ麺だが、十分なクオリティを有しており、しっかりと楽しむ事が出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。