なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油ラーメン(背脂2)680円」@飛騨高山らーめん もん吉の写真みなさんこんにちは 小生 研オ○コと申すおぼこ娘だ。

【背脂最高】

*店
台風一過の青空が広がるが今回の19号は、太田市内にも甚大な被害をもたらした。
レジャーを自粛する事自体が被災された方々にとって何のプラスにもならない為、可能な範囲で愛娘と経済活動をするのだよ、諸君。
「ぐんまこどもの国」も台風の影響でしばらく休業らしく、目指したのは「昆虫の森」。
その後に訪問したのがコチラ『飛騨高山らーめん もん吉』さんだ。
前回、「背脂3」をオーダーして愛娘にシェアを断られた経験から今回は上記をお願いしたのだ。

*丼
丼の淵まで背脂がかけられ、煮豚2枚以外の具材は見えない。
今まで「チョウギタ」か「背脂3」以外は頼んでいなかったので判らなかったが、「背脂2」でも十分以上に積雪が認められた。

*スープ
「背脂3」では過剰なほどに背脂の旨みが前面に押し出されていたが、今回のスープはもちろん背脂の甘く危険な香りを伴うものの、同様に乾物魚介の芳醇な出汁感を伴うではないか。
純和風のスープに他に例を見ないほどに良質な背脂、これは完全に個人的なツボなのだ。
うまい 背脂 うまい

*麺
中太の縮れ麺は「羆」で有名な桐生市の製麺業者謹製。
熱ダレに強く、強めのかん水も手伝い、クラシカルだが東京豚骨世代には刺さるのだ。

*具材
バラ巻の煮豚は以前は丸い形状だったが、納入業者もしくは輸入商社が変わったのか肉質は及第点以上であり、本家である「弁慶」よりも美味くなってしまったのではないだろうか。
メンマ、モヤシもたっぷりと存在したが、あまりのスープの美味さに具材よりもスープが先になくなってしまった。

*総評
アタシのルーツは東京豚骨だと改めて実感。
「土佐っ子」「ホープ軒」「白山ラーメン」
上記の一つでもご存知の貴兄は是非とも桐生においでいただきたい。
朝ラーの店ではなく、コチラ「もん吉」さんへでR。

ごちそうさまなわけだが

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

まだコメントがありません。