なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば+大盛+海老玉+豚のせ:1250円」@六厘舎 本店の写真言わずも知れた超人気店。気合いを入れて並ぶ心の準備も固め、いざ大崎に降り立つ焼きおにぎり+1。
平日の昼間前なんだからもしかしたら案外空いてたりして・・・などという期待は7分後に吹っ飛び、帰りたがる連れを無理矢理引っ張って住宅街へとUターンしながら続く超行列にくっつく。
12人ごとの入れ替え制は正直効率いいのか悪いのかわかりませんが、お店としては捌き易いのでしょう・・・。
段々機嫌が悪くなってきた連れをなだめ、1時間半ほど経過したところに店員さんが先にメニューを聞いてきたので、連れはつけ麺を注文し、私はせっかく来たのだからということで中華そばに大量トッピングをし凄絶な値段になる。というかこのときに会計すればもっとスムーズな気が・・・。

ようやく2時間近く経ったところで入店。すぐに着丼。いただきます。
うはあ、やっぱり評判通りの美味しさです。ドロドロと言ってもいいぐらいの濃厚な豚骨魚介はそれでいて様々な旨味が溶け込んできてこんなに濃厚なのに単調にならず飽きないところが素晴らしい。
中太ストレート麺もプリプリな食感。小麦の味も実にくっきり。濃厚スープに負けないためにはこれぐらいのしっかりとした麺でなければならないのですね。
大量のチャーシューもパサつき皆無の当然のようなトロ肉。メンマは普通。ナルトは今の時代必要でしょうか?海老玉は、玉子をOPENしたら中から海老が出てきたのですがどうやって入れたのでしょうか?でもトロトロで美味しかったです。
連れのつけ麺も少々貰いましたが、こちらもやはり高レベル。中華そばより高濃度のつけ汁は中華そばよりも太い極太麺を十分支える力があります。
ただちょっと甘めでザラつきも目立つのでこのあたりは好みが分かれそうです。
これはやっぱり並ぶだけの価値はありますね。まあ実際それから3回並んだわけですが。

食べてる人が1人でも残っていると次のロットのお客が入れないことから、食べるのが遅い連れのおかげで2人だけになった店内。き、気まずい。
あ、なるほど。誰も何も言わずともこういう空気に自然になってしまうから、お客に「さっさと食え」の無言のプレッシャーを与えるわけですね。なるほど確かにこれがあるならこっちのほうが回転効率いいかも。
人気店で後ろで行列の客が待ってるのにモタモタ食べて、食べ終わっても水飲んで座りながら余韻に浸っている人を見ると蹴り飛ばしたくなりますものね。

この店はつけ麺も美味しいですが、個人的には中華そばのほうがずっと美味しいと思います。個人的に。
皆さんの採点を見たらつけ麺ばかりでしたので、中華そばもぜひ今度試してみてください。
そんなに頻繁に行ける店でもありませんが・・・話のタネに一度はどうぞ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。